ハグの効果が凄い!ストレスもなくなるって本当?

「ハグ(hug)」という言葉は、日本語で言うところの「抱擁(ほうよう)」のことであり、簡単に言えば相手を抱きしめることです。

欧米諸国において、ハグは日常的な挨拶に伴う行為・スキンシップとして一般的です。しかし、日本においては一般的とまでは言えず、むしろ普通の日本人にとっては気恥ずかしさを感じる行為ですよね。若い世代では考え方も変化しつつあるようですが、多くの日本人は恋人同士や夫婦といった特別な関係であっても、ハグをすることがそれほど多くはありません。

とはいえ、恋人同士や夫婦間でハグをすると、とても精神的に満たされる気持ちになることは多くの人たちが実感しているでしょう。実は、ハグには愛情表現による幸福感だけでなく、多岐にわたる有用な効果があることが発見され科学的にも証明されているのです。そこで今回は、ハグによって様々な効果が生じる理由、ハグをすることによって得られる効果について、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。

ハグによって様々な効果が生じる理由

romance-couple-1209046_960_720

ハグをすることには様々な効果があるとされていますが、そもそもハグをすることによって、どうして多岐にわたる効果が生じるのでしょうか?

そこで、まずはハグをすることによって様々な効果が生じる理由について、ご紹介したいと思います。

ハグによって様々な効果が生じる理由

ハグによって様々な効果が生じる理由は、主に次のような2つの物質が分泌されるからだと考えられています。

  • エンドルフィン
  • オキシトシン

これらの物質が体内で分泌され、それぞれの物質が体内で作用する結果として様々な効果が生じるのです。

エンドルフィンの分泌

エンドルフィンとは、脳下垂体から分泌されて神経細胞間・神経系の情報伝達を担う神経伝達物質の一つであり、ホルモン(生理活性物質)でもあります。

エンドルフィンは、数ある神経系統の中でも脳内の報酬系と呼ばれる神経系に多く見られることが医学・生理学的に分かっています。そして、報酬系と呼ばれる神経系は、人間の欲求が満たされて満足感や快感を感じる時に活性化する神経系です。そのため、人間の欲求が満たされて満足感や快感を感じると、エンドルフィンが脳下垂体から分泌されると考えられているのです。

例えば、好きな食べ物を食べて食欲が満たされたり、好きな人とハグやセックスをして承認欲求や性欲が満たされると、エンドルフィンが分泌されるのです。

このようなエンドルフィンには、主な作用として鎮痛鎮静作用、免疫力向上作用、心理の安定化作用があるとされています。

オキシトシンの分泌

オキシトシンとは、脳下垂体から分泌されるホルモンであり、神経伝達物質としての役割も担う物質です。

オキシトシンの分泌については、まだ分かっていないことも多いのですが、人の触れ合い・スキンシップによってオキシトシンが分泌されることは明らかになっています。

例えば、お母さんが赤ちゃんを抱いている状態、恋愛関係にある男性と女性が手をつないだりハグしている状態、男女がセックスをしている状態などでオキシトシンは分泌されます。

このようなオキシトシンは、主な作用として多幸感・幸福感を感じることでストレスが解消される作用があります。また、オキシトシンが分泌されると相手を愛おしく感じて信頼を深める作用があるので、オキシトシンは「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」という別名で呼ばれることもあります。

ちなみに、「幸せホルモン・幸福ホルモン」としてはセロトニンやドーパミンが有名ですが、オキシトシンもそのうちの一つなのです。

ハグをすることによって得られる効果

couple-1149143_960_720

このようにハグによって様々な効果が生じる理由は、ハグをすることでエンドルフィンやオキシトシンが分泌されることにあります。

それでは、ハグをすることによって、愛情表現による幸福感を得られることの他に、どのような効果が得られるのでしょうか?そこで、日常生活に根差したスキンシップとしてハグをすることによって得られる効果について、ご紹介したいと思います。

ストレス緩和効果と精神安定効果

前述のようにオキシトシンにはストレス解消作用があります。また、エンドルフィンには心理の安定化作用がありますが、これはエンドルフィンが分泌されると精神的な安心感や幸福感がもたらされる作用のことです。

それゆえ、ハグをすることによってオキシトシンとエンドルフィンが分泌されると、その結果としてストレスが緩和され、精神的に安定する効果が得られるのです。

ストレス緩和

現代社会はストレス社会と呼ばれることもあるように、精神的ストレスによって苦痛を感じることが少なくありません。そして、精神的ストレスに晒されるとストレスホルモンが分泌され、自律神経が不調に陥ることもあります。

いわゆる自律神経失調症になると、不安感・気分の落ち込み・感情起伏が激しくなる、といった精神面の不調が現れます。加えて、自律神経は生存に必要な循環器系や消化器系などのコントロールも担っているため、自律神経失調症では慢性疲労・動悸・不眠・便秘・下痢などの身体症状も現れることがあります。

このようなストレスホルモンが分泌される状況は、いわば精神も身体も緊張している状態であり、エンドルフィンやオキシトシンの分泌は抑制されています。ですから、意識的にハグをすることによって、エンドルフィンとオキシトシンの分泌を促すと、精神安定作用とストレス解消作用によってストレスホルモンの分泌が抑制されて、ストレスを軽減する効果が期待できるのです。

精神的な安定とポジティブ思考

ハグをすることによって、ストレス軽減効果だけでなく、オキシトシンとエンドルフィンの相乗効果による精神安定や精神的安らぎ効果も期待できます。

人間はストレスから解放されて精神的に安定すると、考え方も前向きになります。ですから、ハグをすることは、精神的な安定とともにポジティブ思考ももたらす効果があると言えるでしょう。

ちなみに、男女間ではハグだけでなく、キスによってもオキシトシンとエンドルフィンが分泌されます。そして、ある調査によると、結婚生活を共にする夫婦が出勤前のキスを習慣化している場合、出勤前のキスを習慣化していない夫婦に比べて、高収入で低欠勤率である傾向があるのだそうです。つまり、オキシトシンとエンドルフィンによって前向きな姿勢になることで、欠勤せずに職場に向かい、仕事の成果も出て給料が上昇するのですね。

鎮痛鎮静効果

前述のようにエンドルフィンには、鎮痛鎮静作用があります。鎮痛剤として有名なモルヒネですが、様々な研究によってエンドルフィンにも強い鎮痛鎮静作用があることがわかったことから、エンドルフィンは「脳内モルヒネ」と呼ばれることもあります。

特に女性たちが子供を出産する際には、男性には耐え難い痛みが発生しますが、それでもエンドルフィンが作用することによって痛みは抑制されているとされています。

ですから、軽い頭痛など程度の軽いものであれば、ハグをすることでエンドルフィンが分泌されることにより、痛みが抑制されたり解消されたりする可能性があるのです。

免疫力向上効果

前述のようにエンドルフィンには、免疫力向上作用があります。エンドルフィンが分泌されると、エンドルフィンが白血球やリンパ球などの免疫細胞を活性化することによって、結果として身体の免疫機能が向上するわけです。

ですから、ハグをすることでエンドルフィンが分泌されることにより、免疫力UPという効果が期待できるのです。

感染症予防効果・老化予防効果・美容効果

前述のようなエンドルフィンによる免疫系の向上は、さらに健康面や美容面でも良い影響をもたらします。

免疫力が高まるということは、身体のあらゆる細胞が正常に働くことができることを意味します。身体が正常に機能していれば、風邪などの感染症に感染しにくくなります。また、細胞の新陳代謝が正常に機能していれば、老化防止にもつながりますし、美しい肌も維持されます。

ですから、ハグをすることでエンドルフィンが分泌されることにより、免疫力向上を通じて感染症予防効果・老化予防効果・美容効果も期待できるのです。

愛情や絆を深める効果

オキシトシンには、ストレス解消作用のほかに、相手を愛おしく感じて信頼を深める作用があります。女性の人生においてオキシトシンが最も分泌されるのが授乳のタイミングだとされており、女性は自分の子供を愛おしく感じて愛情を深めるわけです。

ですから、ハグをすることで、このオキシトシンの作用に加えて、前述のようなオキシトシンとエンドルフィンの相乗作用による精神安定や精神的安らぎ作用が相まって、相手との愛情・信頼・絆を深める効果が期待できます。

この愛情や絆を深める効果は、なにも男性と女性がハグをするケースばかりでなく、親と子供といった家族がハグをするケースや友達同士でハグをするケースでも、効果が期待できます。特に家族でハグをすることは、子供たちの心身の発達にとても良い影響を及ぼすでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ハグによって様々な効果が生じる理由、ハグをすることによって得られる効果について説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか?

たしかに、恋人同士や夫婦間でハグをすると、とても精神的に満たされる気持ちになることは多くの人たちが実感しているでしょう。しかしながら、ハグをすることには、それにとどまらず他にも多岐にわたる有用な効果があるのです。そして、それらの効果の鍵になるのが、オキシトシンとエンドルフィンという2つの脳内物質なのです。

ですから、本記事をきっかけにして気恥ずかしくても、恋人や夫婦でお互い一緒にハグをするような習慣を身につけてはいかがでしょうか。

ちなみに、ハグする相手がいない場合は、自分が愛おしく感じているペットやぬいぐるみでも効果が期待できるようですよ。

関連記事として、

キスの効果が凄い!脳から分泌される成分は?美容やストレス解消にも効果あり?

強引にキスをされたときの女性の心理を知ろう!女性はどういう対応がよいの?

これらの記事も読んでみて下さい!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする