知識を深める方法やメリットを知ろう!本を読んだり年上話を聞くことが大事?

「知識を深める」とか「知識を広める」とか言いますよね。どちらも自分の持っている知識を豊富にすることです。「知識を深める」は、一つのテーマや物事についてどんどん掘り下げて知識を豊富にしていきます。「知識を広める」は、一つのテーマや物事の類似のテーマや物事に興味の対象を広げて幅広く知識を増やします。

知識を深めたり広めたりすると、思考力やコミュニケーション能力が高くなります。

知識を深める意味と知識を深める方法、知識を深めるメリットについてお伝えしますね。

「知識を深める」とは、どういうこと?

laptop-3087585_960_720知識を得る

「知識を深める」とは、一つのテーマや物事に対して自分が持っている知識をもっと詳しく追及して専門の知識を豊富にしていくことです。英語では「deepen one’s Knowledge」と言います。「知識を広める」のは、あるテーマや物事と同じジャンルあるいは類似した事柄に関係する知識まで身につけることです。「知識を豊富にする」という共通点がありますが、方向性が少し違います。

よく「知識を高める」という人がいますが、これは間違った言い方です。「知能を高める」「知力を高める」と混同しています。

[知識を深めるとは?]

「知識を深める」とは自分の知識をさらに詳しく探究して、専門の知識を豊富にすることです。類語・関連語は「涵養する」「キャリアを磨く」「研鑽を積む」です。

「ノーベル賞」を例にします。たいていの人は「ノーベル賞」を知っています。ノーベル賞には「ノーベル物理学賞」や「ノーベル医学賞」「ノーベル平和賞」などがあることも常識として知っています。この自分の持っているノーベル賞に関する知識をどんどん追求して、「ノーベル賞は、いつ、だれが創始したのか?」「ノーベル物理学賞は、どんな研究をした人に与えられるのか?」などと知識の内容をくわしくしていきます。これが「知識を深める」です。

知識を深めるとは、次々に生じる疑問の回答を追求すること

「心理学」に興味のある人は少なくありません。「心理学とは人間の心の動きや行動を研究する科学」であることは、たいていの人が常識として知っています。

「心理学にはどんな分野があるのか?」「心理学でいう潜在心理・深層心理とは何か?」「潜在心理・深層心理は人の性格にどのように影響するのか?」など、心理学について知れば知るほど次々と疑問が湧いてきます。次々と生じる疑問の回答を追求していくと、人間の心理について専門の知識をどんどん増やすことができます。

「知識を深める」とは、このように一つのテーマ・物事・分野について次々に生じる疑問に対する回答を追求して、知識を豊富にすることです。

[知識を広める]

「知識を広める」とは、あるテーマや物事や分野と類似の内容のテーマ・物事・分野を探し出して探究することです。最初の狭い範囲の知識から脱して広い分野から知識を得ることができます。

「ノーベル賞」に興味のある人は、「他に世界的な似たような賞がないのか?」と考えて調べていくと、世界には思いもかけない面白い賞があることがわかります。人間の心理に興味のある人は、同じように人間の心を研究する学問を追求していくうちに哲学からアーユルヴェーダにたどりつく可能性があります。知識が知識を呼んで、次々に広がって行きます。

[知識を深めるのと、知識を理解するのは違うの?]

「知識を深める」のは専門知識を増やすことです。「知識を理解する」ことは、知識を活用できるようになることです。

心理学を例にします。心理学で深層心理についての知識を深めると、社会人として多くの人たちと接触する時に相手の仕草や言葉の裏に潜む潜在意識・深層心理を読み取れるようになります。心理学の知識を深めて理解すると、人間観察に役立てることができます。相手の性格や心の奥底を察知して上手にコミュニケーションできます。

知識を深めるには、どうすればいい?

books-2007660_960_720読書

知識を豊富にする方法は2つあります。知識を深める方法と知識を広める方法です。知識を深めることと広めることは別のように思われますが、両者は深く関係しています。

知識を深めていくうちに興味の対象が広がり、知識を広めることができます。知識を広めていくうちに興味の対象の的が絞られ、知識を深めるようになります。

知識を深めるのも広めるのも、一朝一夕にできることではありません。日常的に何にでも疑問を持ち、疑問を追求する習慣をつけます。「なぜ?どうして?」と考える癖をつけます。自分で自分に質問して回答を探究するうちに、知識を深めたり広めたりできます。

[知識は経験を通して学ぶもの]

「知識」とは「ある事柄について理解している内容」です。ある辞書では、「知識を深める」とは「経験を通して理解の程度を高めること。経験により新しいものを得ること」という意味になっています。知識は経験を通して学ぶものです。

そういう意味では、「知識を深める」方法も「知識を広める」方法も同じです。

[読書をする]

知識を深めたり広めたりするためには、言葉が必要です。知識を豊富にするために、日本人はまず正しい日本語を学んで遣うようにします。読書によって正しく美しい日本語を身につけることができます。

日本語力がないと、知識は身につかない

普段遣っている日本語には、携帯電話(スマホなど)やパソコンのメールの言葉が沢山入っています。「ぼっち(独りぼっち)」「ステマ(ステルスマーケティング)」などです。

メールやブログの文章は省略されたネットの用語や絵文字・記号が多くなります。メールやブログばかり書いたり読んだりしていると、きちんとした文章が書けなくなります。文章を読んで理解できなくなります。相手にきちんと自分の意志や気持ちを伝えたり、相手の言いたいことや思いを正確に理解したりするのが難しくなります。

正しく美しい日本語の文章を読んだり書いたりしないと、日本語力が低下します。本や資料を読んだり人の話を聴いたりして、知識を増やすことができません。

手紙を書く

自分の手で文字を書かないでいると、だんだん文字が書けなくなります。漢字を読んだり判別したりできても、正しく書けなくなる可能性が大です。メールやラインにばかり頼らず、時々手紙を書くことをオススメします。

読書をして日本語力を高める

読書をすると、国語力・文章力が高まり語彙が豊富になります。想像力がアップし、コミュニケーション能力が向上します。できるだけ美しい日本語を書いている作家(夏目漱石・森鴎外・川端康成など)の著作を読むようにすると、効果的です。

ニュースや情報を得る時もインターネットやテレビだけではなく、新聞や本を読みます。

国語力が高くなると敬語の表現が上手になる

国語力(日本語力)が高まると、敬語の表現が上手になります。敬語には「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3 種類ありますが、間違えずに遣えるようになります。敬語の遣い方が上手になると、上司・先輩や取引先など目上の人とのコミュニケーションがスムーズになります。

読書すると知識が得られる

本や新聞には、いろいろな知識や情報・偉人の言葉・著者の考えや考え方などが書いてあります。読書をすると、知識を深めたり広めたりすることができます。新しい知識も得られますから、興味の対象が広がる可能性もあります。

まず毎朝、新聞を読むようにします。「読書は苦手」とか「漫画しか読まない」という人は、人気の高いベストセラー小説や「恋愛心理学入門」のような簡単な入門書から始めることをオススメします。

[勉強する]

勉強するのは学生時代だけではありません。むしろ社会人になってからの方が、勉強する必要があります。会社や役所に勤めると、仕事のために知識を深めたり広めたりする必要があります。新たに得た知識を活用するチャンスも増えます。勉強して得た知識は力になります。

資格取得という目標設定をする

会社など職場において上司・先輩の評価を良くしたり希望の仕事をさせてもらったりするためには、資格が役に立ちます。転職する時にも有利です。英語検定・簿記・税理士・司法書士・社会労務士などの資格取得を目標にして勉強します。専門的な知識を深めることができます。

看護の知識を深める

看護師には、正看護師・准看護師・助産師・保険師などの資格があります。それぞれの専門の知識を深めるとともに関連する他の看護の知識を広める必要があります。勤めている病院の勉強会や研修会に参加したり、他の病棟や病院の見学などの体験をしたりして知識とスキルを向上させます。大学院で勉強したり研究したりするのも良い方法です。

看護の知識は、資格のある看護師だけでなく一般の人たちにも必要になる可能性があります。家族に看護や介護の要る人がいれば、本や医療施設の講習などで看護の知識を勉強します。

[世代の違う人や分野の違う人と付き合う]

同世代の人や同じ分野の人とばかり付き合っていると、話題も決まりきったものになります。新しい知識を得て、知識を深めることも知識を広めることもできません。

自分より上の世代と付き合う

自分よりも上の世代の人たちは人生の経験も知識も豊富です。世代の上の人たちの話を積極的に聴いて、その経験や知識を取り入れるようにします。仕事の後は、職場の同世代の同僚たちとばかり飲み会や食事会に行かないで、上司や先輩の誘いを受けます。上司や先輩もリラックスした雰囲気で、貴重な体験や知識を話してくれます。

違う分野の人と付き合う

全く異なる職種や業界の人たちと付き合うと、今まで自分の知らなかった世界に目が開けます。新しいジャンルの知識を得て興味の対象が広がり、知識を広めるようになります。他分野を知ることで自分の得意分野や専門分野の興味が刺激されて、知識をさらに深めます。

違う職種や業界の人と知り合うには、友達に紹介してもらったり合コンなどのイベントに参加したりします。自分の仕事や趣味とは全く関係のない講演会に行くこともオススメです。英会話教室や料理教室などカルチャーセンターにはいろいろな人達が集まりますから、習い事をすることもオススメです。

[新しいことに挑戦する]

趣味やスポーツに打ち込む人は多いですよね。趣味やスポーツを通じて、知識を深めたり広めたりできます。新しいことに挑戦すると、新しい知識を得ることができます。

今の趣味や習い事のステップアップする

知識を深めるためには、今の趣味や習い事やスポーツのステップアップをします。英会話を習っている人は、一級上の英語検定を受ける準備に入ります。ダンスやスポーツに打ち込んでいる人は、今は上手にできない技を習得するようにします。

習い事やスポーツに上限はありません。習えば習うほど欲が出て、さらに上の段階に進みたくなります。一つ上の段階に挑戦する経験から知識を深めることができます。

新しい趣味や習い事に挑戦する

何年も同じ趣味や習い事やスポーツをしていると、マンネリ化する可能性があります。意欲が減退して、新しい知識を得ることもできなくなります。その時は、思いきって新しいジャンルの趣味や習い事に挑戦することをオススメします。

英語しか勉強しなかった人は、中国語やフランス語など他の外国語を習うようにします。忙しくて英会話教室に行く暇のなかった人は、オンラインで英会話を始めます。テニスや登山が趣味だった女性には、和服の着付けや茶道がオススメです。全く別の世界が開けます。

新しい趣味や習い事で新しい知識を得ることができます。新しい知識を深めることも広めることもできます。新しい趣味や習い事をすると付き合う人たちの輪が広がり、さらに新しい知識を得ることができます。

したことのないアルバイトをする

学生ならば、いつも同じバイトをするのではなく、経験したことのないアルバイトにも挑戦します。新しいアルバイトで知識を増やし深めることができます。フリーターも新しいアルバイトに挑戦していろいろな経験を積み重ねて、知識を深めたり広めたりします。

[旅行をする]

昔から「可愛い子には旅をさせよ」と言います。「自分の家を出て見知らぬ土地へ行き、いろいろな苦労を経験したり世の中の厳しさを体験することで、人間は成長する。だから、愛する我が子を甘やかさずに、旅に出せ」と言う意味です。

昔と違い今の時代の旅行は楽しみです。でも、旅行するといろいろ新しい知識を得られて、人間的に成長できることは昔と変わりません。海外でも国内でも、旅行をすると知らない土地の歴史や地理や風習を知ることができます。その土地の人から土地の話を聞けます。

海外旅行

海外旅行をすると、外国の歴史・地理・風俗に関する知識を得ることができます。語学の知識を深めるには、語学留学するのがオススメです。語学知識だけでなく、海外の知識を得ることができます。海外旅行する前には、行く先の言葉はもちろん歴史・宗教・文化について勉強するようにします。

海外旅行をすると、外国についての知識が増えるだけではありません。日本語・日本文化・日本の伝統芸能や伝統的風習について見直すことができます。日本の文化・伝統・風俗を客観的に見て、外国との違いを知ることができます。日本に対する価値観が変わります。

温泉旅行・グルメ旅行でも土地の歴史や地理を知っておく

温泉旅行や食べ歩きのグルメ旅行もオススメです。温泉旅行・グルメ旅行に行く前に、その土地の歴史・地理・風俗を調べると知識が増えるだけでなく、思いがけない美味しい物を食べたり珍しい体験をしたりできます。さらに知識を深めたり広めたりできます。

[知識を深める楽しさを知る]

知識を深めたり広めたりするのは、楽しいことです。いろいろな本を読んだりネットで調べたり人に聞いたりして、「ああ、そうだったのか!」「こういうことなのか!」と知るのは楽しい驚きです。視野を広げて知識を深めたり広げたりする体験をすると、さらに知識を得たくなります。

[知識を深めるアプリはある?]

知識を深めたり広めたりするために役立つ無料のアプリがあります。自分に合うアプリを選んで活用します。友人の話やサイトの記事を参考にしてください。

無意識に知識を深める無料アプリ

知識を深めたり広めたりするためには、社会人向けの一般常識や知識をチェックしたり仕事のできる脳を作ったりする脳トレアプリがあります。休み時間などに社会常識や常識力を高める無料アプリをゲーム感覚で利用すると、無意識のうちに知識を深める喜びを体験できます。これをきっかけにして、自分から積極的に知識を深めたり広めたりするようになります。

「脳トレ漢字ゲーム」「常識でQ」「時事トレ」などのアプリがオススメです。

知識を深めるメリットは何?

library-1400313_960_720勉強する人

知識を深めたり広めたりすることは、仕事のキャリアを積み重ねて実績を上げるためにも、プライベートで友人たちと良好な関係を築いたり恋愛を成功させたりするためにも役立ちます。でも、知識を豊富にするだけでは「宝の持ち腐れ」になる可能性があります。自分の頭を遣って深めた知識を活用しなければ、何の意味もありません。

①思考力が高まって問題を解決できる

知識を深めたり広めたりするために言葉が必要です。知識を深めたり広めたりすると、言葉の力が向上します。人が考える時は言葉を遣います。思考力(考える力)の基礎は言葉ですから、知識を深めることによって思考力が高まります。

知識をフル活用することが思考力

思考力とは「自分が持っている知識をフルに活用して問題を解決する力・能力」です。活用できる知識が多ければ多いほど、思考力が高まって問題を解決できます。知識を深めたり広めたりすることは、思考力を高めます。

企業は問題解決の能力が高い人材を求める

企業は、会社の意図に従って上からの指示を忠実に実行する人間を必要とします。しかし、ある程度経験を積んだ社員には、自分の頭で考えて仕事の次の段取りができる段取り力の高さを求めます。さらに管理職・上級管理職には問題解決能力の高い人材を必要とします。突発的な出来事や予想外の事態が起きた時、思考力の高い人間は自分の頭で考えて臨機応変に対処できます。知識が豊富な人間ほど、対処方法も多くなります。

思考力の高い人は時間を上手に遣う

思考力の高い人は、仕事の段取りをつけたり仕事の目途(めど)を立てるのが上手です。ムダな労力や時間を遣いません。時間を上手に遣って、自分の時間をつくり出します。趣味やスポーツを楽しんだり、旅行して見聞を広めたりします。さらに知識を増やすことができます。

②知識を深めると専門家になれる

一つの物事やジャンルの知識を深めると、その分野の専門家になれます。いわゆる「その分野の第一人者」です。医学では、脳外科・循環器など細かい専門分野に分かれて専門知識・スキルを磨きます。

専門の知識を深めるとやる気が出る

だれでも初めて接する仕事や勉強には興味を持ち、モチベーションが高くなります。しかし、同じ仕事や勉強を続けていると、マンネリ化してやる気を失います。でも、次の段階に上るために知識を深めると、新たな興味が生じます。モチベーションが高まり、やる気が出ます。

企業は専門家を求めている

現代の企業は「何でも一通りこなすマルチタイプ」の人間を便利に遣いますが、特定分野における専門家を重視しています。会計や財務の専門家・マーケティングの専門家・技術の専門家などを求めています。

専門の知識を深める人は、会社の中で責任ある重要な仕事を任されて昇進できます。転職する時にも専門家は優遇されます。求人の公告にも専門家を求めるものが少なくありません。

専門家は興味津々

専門家は次々に生じる疑問に対する回答を追求して、知識を深めます。何に対しても興味津々で、常に「なぜ?」「どうして?」と考えます。ですから、自分の専門のジャンルとは関連のない別のジャンルの知識にも興味津々で、新しい知識を得ようとします。「第一人者」と呼ばれる専門家ほど子供のように新知識に夢中になります。

専門家は専門の知識を深めるとともに関連分野の知識を広め、さらに未知の分野の新知識を得ようとします。新知識を得ることで専門の知識をさらに深める可能性もあります。

③話題が豊富で、だれとでも会話できる

知識が豊富な人は、話題が豊富です。だれとでもスムーズに会話できます。

知識を深めるか知識を広めるかは、その人の性格や考え方によります。何にでも興味を持ち浅く広い知識を得ることが好きな人もいれば、一つのジャンル・テーマの知識を深めるのが好きな人もいます。しかし、前述した通り、知識を深めることと広めることは強い関係性があります。浅く広く知識を求めるうちに、深く広い知識を蓄える人がいます。専門知識を深めるうちに他の分野にも興味を持って、知識を広める可能性が大です。

知識を広める人はだれとでも話を合わせる

知識が広い人は、どんな人とでも話を合わせることができます。初対面の人とでも話題に困ることはありません。相手が「ナミビアに旅行した」と言えば、すぐさま「ソススフレイの砂丘(デューン)の美しさ」を話題にします。「税制改正」の話になれば、改正の前と後の違いを比較します。

話題に詰まって会話が途切れても、知識が豊富な人はすぐに次の話題を持ち出して、気まずくなった雰囲気を元に戻します。だれとでも会話が弾み、短時間で親しくなれます。

知識の深い人の話は面白い

専門知識の深い人の話は面白くて、聞いていると時間の経つのも忘れます。知識を深める人は自分の知っていることを相手に理解してもらおうと、わかりやすく熱心に話します。きっかけさえ上手に掴めれば、会話は途切れることなく続きます。

知識を深める人は聞き上手

知識を深める人は元々好奇心の強い性格ですから、他人の話を熱心に聞きます。相手の話に興味を示して相槌を打ち、話の先を促します。相手は気持ち良く会話することができます。

知識を深める人はコミュニケーション能力が高い

知識を深めたり広めたりする人は日本語力が高いので、言葉遣いや言葉による表現が上手です。尊敬語・謙譲語・丁寧語を上手に遣い分けます。コミュニケーション能力が高いので、上司や先輩・取引先など目上の人にも好印象を持たれます。同僚や後輩に親しまれます。だれとでも良好な人間関係を築けます。

まとめ 知識を深めるには読書と旅行がオススメ

知識が豊富な人は、思考力やコミュニケーション能力が高くなります。知識を豊富にする方法は2つあります。一つのテーマや物事について自分の持っている知識の内容をくわしく掘り下げて理解する「知識を深める」方法と、あるテーマや物事と類似のテーマや物事を探し求めて幅広い知識を得る「知識を広める」方法です。

「知識を深める」ことと「知識を広める」ことは強い関係性があります。知識を深めて専門的な知識を増やすうちに、他の関連分野や全く無関係の分野に興味を持って知識を広めることがあります。次から次へと広く浅く知識を広めるうちに、興味の対象が絞られて知識を深める可能性があります。

知識を深めたり広めたりする方法は、いろいろあります。中でも、読書がオススメです。知識は言葉が基本です。読書をすると、国語力が高まり語彙が豊富になります。知識を得やすくなります。読書をすると、いろいろな知識・情報・偉人の考え方や考えがわかります。

旅行をすると、知識を深めたり広めたりできます。海外旅行でも国内旅行でも、知らない土地の歴史・地理・文化・風習について知ることができます。特に海外旅行をすると日本を客観的に見直すことができ、日本に対する価値観が変わります。

いろいろな世代の人や自分の仕事とは異なる職種・業界の人と付き合ったり、経験したことのない趣味や習い事に挑戦したり、自分の知識・スキルのステップアップを図ったりすると、知識を深めたり広めたりできます。

関連記事として、

なんでもできる人に見られる共通の特徴を知ろう!近づく方法も紹介!

考える力をつける方法を知ろう!読書が効果的?

これらの記事も読んでみて下さい!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする