好きで好きでたまらない時のNG行動や対処方法を紹介!

片思いをしている時や付き合い始めたばかりの恋愛関係初期には、相手のことが「好きで好きでたまらない」状態になることが良くあるものです。まさに「恋は盲目」というように、相手のことが好きになりすぎて常に相手のことを考えてしまうばかりか、時として周囲のことが見えなくなって常識から外れた行動をとってしまうこともあります。

もちろん、相手も同じ気持ちならば、他人に迷惑をかけない限り、多少のハメを外した行動は許されるかもしれません。しかしながら、相手の気持ちと自分の気持ちに温度差があって、自分だけが空回りしているような場合は注意が必要です。自分の「好きで好きでたまらない」気持ちが先走って思わぬ行動をしてしまうことで、逆に相手から嫌われる結果を招きかねないからです。

そこで今回は、相手のことが「好きで好きでたまらない」場合のNG行動と、相手のことが「好きで好きでたまらない」場合の対処法について、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。

相手のことが「好きで好きでたまらない」場合のNG行動

love-1054050_960_720

たしかに、「一目惚れ」や「恋に落ちる」という表現があるように、恋は突然やってきて心をわしづかみにします。そして、一度燃え上がった恋心は、なかなか静まらないものでもあります。

しかし、あまりに気持ちが盛り上がってしまい、相手のことが「好きで好きでたまらない」状態になると注意が必要かもしれません。というのも、「好きで好きでたまらない」気持ちのままに、周りが見えなくなって自分でも思わぬ行動をとってしまう可能性があるからです。

そこで、まずは相手のことが「好きで好きでたまらない」場合に、よくありがちなNG行動について、いくつかご紹介したいと思います。

しつこく頻繁に連絡をとろうとする

相手のことが「好きで好きでたまらない」気持ちになると、男性女性を問わず多くの人がやってしまう行動の一つが、しつこく頻繁に連絡をとろうとすることです。

恋心を抱けば、相手と毎日でも会いたくなるのは、人の心の動きとして自然なことです。とはいえ、物理的に住んでいる場所が離れていたり、仕事先や通っている学校が異なれば、思うように相手と顔を合わせることができません。すると、少しでも相手の存在を感じたいとの思いから、電話・メール・LINEなどで頻繁に連絡をとろうとしてしまいがちです。なにせ現代はテクノロジーが発達していて、手元にあるスマートフォンで簡単に自分以外の人とつながることができるのですから。

しかしながら、電話・メール・LINEなどで、しつこく頻繁に連絡をとろうとすることは避けたほうがよいでしょう。というのも、あまりに簡単に他人と連絡ができることと、あまりに相手に夢中になりすぎることで忘れがちですが、相手にも一人の人間としての日常生活があるからです。生活のために仕事をしなければならないかもしれませんし、学校で勉強をしなければならないかもしれません。あるいは、友人などとの人付き合いを優先しなければならないかもしれませんし、公共スペースでスマートフォンを手にすることが憚られる状況かもしれません。

このように相手の都合や状況を考えることなく独りよがりで連絡をとろうとすると、多くの場合で相手から嫌がられてしまいます。ですから、しつこく頻繁に連絡をとろうとすることは、NG行動となってしまうのです。

相手の好みに合わせすぎる

相手のことが「好きで好きでたまらない」気持ちになると、やはり男女を問わず多くの人がやってしまう行動の一つとして、なにもかも相手に合わせようとしてしまうことが挙げられます。

たしかに、相手と同じ趣味や嗜好を持てば、それだけ共通の話題が増えることになり、相手と楽しい時間を一緒に過ごせる可能性が高まるでしょう。しかしながら、全ての時間を共に過ごすということは、最初は良くとも徐々に息が詰まるように感じてしまうものです。特に相手が内向的な性格の持ち主である場合、1人になる時間が健全な精神を保つ上でも非常に大切な要素なのです。当然ですが、息が詰まるように感じ始めると、相手の心の中には一緒にいることに対してネガティブな感情が芽生えてしまいます。

ですから、相手の性格や都合を考慮することなく、全て相手の好みに合わせて一緒に時間を過ごそうとすることは、恋愛関係にとっては逆効果になるリスクが高くNG行動と言えるのです。

意思決定を相手に丸投げする

相手のことが「好きで好きでたまらない」気持ちになると、多くの人がやってしまう行動の一つとして、意思決定を相手に丸投げしてしまうことも挙げられるでしょう。

どういうことかと言うと、嫌われたくないがために自分の希望や意思を明らかにすることなく、2人の間の意思決定を全て相手に委ねてしまうのです。例えば、デートプランや旅行プランなどを決めるにしても、相手が「どこか行きたいところはある?」と聞いてきても、「どこでもいいよ」と答えてしまうケースです。

一見すると相手の意思や意見を尊重しているようでいて、実は意志決定を相手に丸投げしているのです。相手が仕切りたがりな性格の人であればそれでも良いかもしれませんが、そうでない性格の人にとっては意外と負担に感じてしまうものです。また、希望や意思を明らかにしないことは、相手にとっては非常に面白味に欠ける人だと感じられてしまう可能性もあります。

ですから、意思決定を相手に丸投げしてしまうことは、自分から恋愛関係をつまらないものにしている可能性がありNG行動になりうるのです。

プライベートを詮索する

相手のことが「好きで好きでたまらない」気持ちになると、相手のことを知りたく思ってプライベートを詮索する質問をしてしまうことも、多くの人がやってしまう行動の一つかもしれません。

単純に相手のことを深く知りたくてした質問でも、相手側がそう受け取るとは限りません。片思い中であれば相手がストーカー行為のように感じてしまうかもしれませんし、恋愛初期であっても相手が束縛されているように感じるかもしれません。

ですから、プライベートを詮索する質問は、相手と自分の関係性を十分に認識した上でする必要があり、場合によってはNG行動になりうることを理解しておくべきでしょう。

相手のことが「好きで好きでたまらない」場合の対処法

coffee-2608864_960_720

このように「好きで好きでたまらない」気持ちになると、時として周りが見えなくなって自分でも思わぬ行動をとってしまう可能性があるのです。それでは、相手のことが「好きで好きでたまらない」場合、どうすれば良いのでしょうか?

そこで、相手のことが「好きで好きでたまらない」場合の対処法について、ご紹介したいと思います。

自分の気持ちをノートに書き出す

相手のことが「好きで好きでたまらない」場合、まずは自分の気持ちを落ち着けて冷静さを取り戻す必要があります。そのための方法の一つが、自分の気持ちをノートなどに書き出すことです。

ノートや手帳などに自分の気持ちを書き出してみたり、相手や自分が特定されない書き方であれば匿名のブログやSNSなどに投稿してみても良いかもしれません。そして、一度自分の気持ちを文字にして吐き出し、それを再度見直してみるのです。自分の気持ちを文字で見直すことによって、自分をより客観的に見ることができ、冷静に自分の気持ちを整理することができるのではないでしょうか。

友人に自分の気持ちを聞いてもらう

相手のことが「好きで好きでたまらない」場合、自分の気持ちを落ち着ける必要があります。そして、自分の気持ちを落ち着ける方法の一つとして、信頼できる友人に自分の気持ちを聞いてもらうのも良いでしょう。

自分の気持ちを落ち着けるには、前述のように自分の気持ちを文字にして吐き出すほかに、信頼できる人に話を直接聞いてもらうのも一案です。友人など信頼のおける人に話して気持ちを吐き出すことにより、気持ちの高ぶりを抑制できるほか、第三者の冷静な視点によるアドバイスをもらうことも期待できます。

相手に素直な気持ちを伝えてみる

何度も言いますが、相手のことが「好きで好きでたまらない」場合、まずは自分の気持ちを落ち着かせなければなりません。そのためには、思い切って相手に自分の素直な気持ちを伝えてみることも一つの対処法と言えるでしょう。

片思い中であれば、相手のことが「好きで好きでたまらない」と思い切って告白するのです。もちろん相手にふられる可能性もありますし、一方で片思いが成就して恋人同士になれる可能性もあります。いずれにしても、「好きで好きでたまらない」気持ちで宙ぶらりんのままいるよりは、ハッキリと結論が出ることでスッキリとするのではないでしょうか。

また、既に恋愛初期の恋人同士であれば、「好きで好きでたまらない」気持ちを相手に伝えることによって、相手も自分の行き過ぎた行動を少しは大目に見てくれるようになるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?相手のことが「好きで好きでたまらない」場合のNG行動と、相手のことが「好きで好きでたまらない」場合の対処法について説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか?

たしかに、片思いをしている時や付き合い始めたばかりの恋愛関係初期には、相手のことが「好きで好きでたまらない」状態になることが良くあります。相手のことが好きになりすぎて常に相手のことを考えてしまうばかりか、時として周囲のことが見えなくなって常識から外れた行動をとってしまうこともあるなど、いわゆる「恋は盲目」という状態です。

このような場合、相手の気持ちと自分の気持ちに温度差があると、自分だけが空回りしてしまい、相手の気持ちが自分から離れて逆効果となってしまいかねません。自分の「好きで好きでたまらない」気持ちが先走って思わぬ行動をしてしまうことで、逆に相手から嫌われる結果を招いてしまうのです。

ですから、相手のことが「好きで好きでたまらない」気持ちを自覚したら、まずは本記事などを参考にして、自分の気持ちを落ち着かせましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする