意外と怖い!ふくらはぎの痛みを感じる病気と対策

スポーツをした後や、激しい運動をしたときなどはふくらはぎが痛くなったりしますよね。
でもそれ、もしかするとただの筋肉痛じゃない可能性あります。
ふくらはぎの痛みが症状にみられる病気かもしれません!!
ふくらはぎの痛みが伴う病気をご紹介します!

スポンサーリンク

ふくらはぎの痛みが伴う病気

どうせすぐ治るだろうと思っていたら大間違い。大きな病気の可能性がありますので、症状が似ている方などは注意するようにしましょう。早めに病気に気づくことで、軽めの治療で治すことができるものもあるので、病気を知っておくということは大切です。

静脈血栓症

手足の血管部に血栓ができてしまい、血の流れが滞ってしまう病気です。
筋肉を動かすことで、血が上手く静脈を巡るようになっているのですが、長い時間、筋肉を動かす機会がないと、血が上手く循環しなくなり血栓が出来てしまいます。

長時間のフライトや、座りっぱなしで仕事をしていると発症してしまうケースが多くみられています。また元々、血が固まりやすい人もおり、静脈血栓症を起こしやすいとされいます。
発病したときの症状として、ふくらはぎに強い痛みや、むくみ・張りなどがみられ、ふくらはぎが変色する場合もあり、最悪死亡に至るケースもある危険な病気です。

血栓ができても、小さいものだと気づかない場合が多いのですが、大きい血栓の場合は症状が大きく、重症になる場合が多いです。
早期発見だと薬での治療が可能ですが、発見が遅くなると手術が必要な場合もあり、異変を感じたら病院へ行くようにしてください。

血栓ができてしまわないように日常から予防することが大切です。
運動をすることで、血の流れを良くし静脈血栓症が起こるのを防ぐことができます。また、血の流れを悪くする要因として、喫煙・過度なアルコール飲酒・ストレス・偏食などがあり、思い当たる方は控えめにするようにしましょう。
体内の水分が少なくなると、血の濃度が高くなるため固まりやすくなるので、長時間座りっぱなしの時はこまめに水分を摂るようにしましょう。

②腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は線維輪と髄核で構成されており、背骨をつないでいるのですが、その一部が外にはみだしてして、神経にダメージが加わって腰椎椎間板ヘルニアになります。
ふくらはぎや腰、太ももに痛みやしびれの症状がみられます。
背骨が曲がってしまうので、荷物の運搬や激しい運動がしづらくなる他、ひどい場合は歩行が困難になる場合もあります。

背骨に強い負担が加わった時などに発症し、重い荷物をもったり、腰に負担のかかる動きをした際になる場合が多いです。
また、高齢者などは椎間板が老化しており、あまり強くない負担でも発症することがあるので背骨に負担がかかる動きは避けた方が良いでしょう。
姿勢が悪い人は、骨盤や背骨が歪んでいる可能性が高く、ダメージが蓄積されている場合があり腰椎椎間板ヘルニアになりやすいといえます。背骨に負担をかけない正しい姿勢でいることが腰椎椎間板ヘルニアの予防だといえます。

安静にしていると痛みが落ち着きますが、腰椎椎間板ヘルニアは発症してしまうと癖になってしまいますので、一度発症した方は注意しましょう。
また、痛みがどうしても治らない方や、激しい痛みを伴う方は手術を施す場合があります。

③腰部脊柱管狭窄症

(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と読みます。人間には脊柱管という、背骨の中に空間の部分があります。その周りの組織が変形することで、脊柱管が圧迫されることで神経に負担が加わることで発症します。

症状としては、ふくらはぎの痛みや腰痛、足のしびれなどがみられます。症状がひどくなると尿漏れなどの症状もみられます。
腰椎椎間板ヘルニアと症状が似ていますが、腰部脊柱管狭窄症は前かがみになることで痛みがおさまるのが特徴です。
高齢者の方がなりやすいとされていますが、重いものを持つ機会が多い職業の方や長時間運転するドライバーなどは背骨に負担がかかることが多く発症しやすいといえるでしょう。

リハビリや薬での治療も可能ですが、歩くのがとても辛いと感じる人は手術を受けなければならない可能性もありますので、違和感を感じたらすぐ病院へ行くようにしてください。
背骨に負担がかかっている人は発症しやすいとの事ですので、毎日を正しい姿勢で過ごし負担を少なくするようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ふくらはぎが痛いと思って放置しているととんでもない病気の可能性があるということがわかりましたでしょうか?
病気になったときの初期症状として、ふくらはぎの痛みがでる場合があります。
高齢者の方や、背骨や腰が弱っている方などが発症しやすい病気が多いですね。またストレスや喫煙といった生活習慣も要因の一つではあります。
毎日の生活の中に、適度な運動を加えたり正しい姿勢で生活を送ることで、発症しにくい体を作ることができます。
ふくらはぎの痛みを感じた時は疑いを持って症状をみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする