洗脳されている人の特徴を知ろう!されやすい人と対処方法を紹介!

「洗脳されている」というと、オウム真理教や統一教会などのカルト宗教やホームオブハートのようなカルト集団が思い浮かびますよね。自分の精神が他人に乗っ取られてしまい、特定の考え方しかできなくなる怖いイメージがあります。

洗脳は日常生活の中でも起きています。一番恐ろしいのは、私たちが知らない間に洗脳されていることです。TVのCMなどでも洗脳されますが、私たちは全く気づきません。

洗脳されやすい人の特徴、洗脳されるもの、洗脳されない方法についてお伝えします。

洗脳とは?

doctor-1822340_960_720洗脳されている

洗脳とは「個人の自由意志を破壊して特定の考え方に教化してしまうシステム」のことです。1950~1953年の朝鮮戦争において、中国共産党が捕虜となったアメリカ軍兵士に行った思想改造の方法です。

[洗脳とマインドコントロール]

洗脳もマインドコントロールも、相手の心を操作して精神を破壊し自分の思う通りに相手の心を変容させます。同じ意味で使う人が多いのですが、洗脳とマインドコントロールは同義語ではありません。洗脳は暴力などで強制的に心を変容させますが、マインドコントロールは自分から進んで心を支配されます。

類語辞典で類義語を調べると、洗脳は「強制的な教化」「強制的に信じ込ませる」です。マインドコントロールの類義語は「心理操作」「精神支配」「人格支配」です。

洗脳は暴力的行為により強制的に行う

洗脳は、個人を長期間拘禁して暴力的行為によって個人の精神を破壊し、個人の精神を支配することです。暴力的行為により、本人の意思に関係なく強制的に今までの思想・主義・価値観・人生観などを捨てさせ、新しい人格を植え付けます。洗脳に怖いイメージがあるのは、暴力的行為を伴うためです。

暴力的行為はリンチや拷問など肉体的な攻撃だけではありません。暴言・罵倒・訊問など言葉による攻撃や薬物(幻覚剤などの違法薬物)の投与も含まれます。過労や睡眠不足やストレス過多で心身ともに疲れ果て、思考力が低下した状態にさせることも暴力的行為の1つです。

現代の社会では、洗脳行為は「犯罪」です。日本だけでなく世界の多くの国において犯罪とされています。

マインドコントロールは心の隙間につけこむ

マインドコントロールは暴力的行為や長時間の拘禁などをともないません。心理(マインド)を巧みに操作して、本人がコントロールされていると気づかないうちに今までの人格を新しい人格に変容させてしまいます。

孤独な生活で心が弱っていたり自分を変えたいと強く願っていたりする人の心の隙間につけこみます。優しい言葉や態度で接近し、信頼感を得ます。暴力行為を伴わないので苦痛がなく、本人は「自分から進んで心の変容を遂げた」と錯覚する傾向があります。そのため「マインドコントロールは洗脳よりも解けにくい」と言われます。

現在の日本では、マインドコントロールを犯罪として立証することは難しいようです。

[洗脳される時のパターン]

洗脳される時には一定のパターンがあります。洗脳のパターンを知ると、「もしかすると、私も洗脳されている可能性がある」と考えられるようになります。「洗脳されているかな?」と疑うことが洗脳から脱却する一歩になります。

①一緒にいる時間が長くなる

洗脳する相手を長時間拘束することはできませんから、親切にしたり優しくしたりして接近し一緒にいる時間をどんどん長くします。

家にまで入り込んで家族同様につき合うようにします。長電話などで相手の時間を奪い続けます。

②睡眠不足で思考停止状態にする

一緒にいる時間を長くして相手を睡眠不足にします。睡眠不足になると脳が疲労回復できず、思考力低下・思考停止状態になります。

カルト宗教や自己啓発セミナーなどで洗脳を行う時は睡眠不足にするのが常套手段です。違法薬物を使う可能性もあります。

③アメとムチ

思考停止状態にしておいて、相手の人格や感情を否定する暴言を浴びせ罵倒します。怒り方や暴言・罵倒はだんだん激しくなります。「そんなことでは人生の落伍者になる」「今に財産を失って一文無しになる」「今に酷い目に遭う」などと怖い話をして脅します。

相手が怯えたり弱ったりすると、一変して優しい態度をとります。アメとムチが交互に繰り返されることで、感情を揺さぶられて自信を失うようになります。

④「ダメな人間」と思い込ませる

人格を否定され「自分はダメな人間だ」と思い込みます。自尊心も自己肯定感もなくなります。相手が怒って暴言を吐くのは「自分が悪いからだ」と思うようになります。

⑤救済の手を差し伸べる

ダメ人間と思い込ませたところで、「私が助けてあげる」「私と一緒に祈れば生まれ変われる」「この商品を買えば幸運が訪れる」などと甘い言葉で救済の手を差し伸べます。「世界の中で頼れるのはこの人だけ(この集団だけ)」「世界の中で自分の居場所はここしかない」と思い込ませるのです。

洗脳されている人は自尊心も自己肯定感もなくなり精神が崩壊した状態なので、相手の思うままになってしまいます。相手の嘘を見抜く力もありません。

[暴力的な恋人や夫と別れられない女性は洗脳されている]

家庭内暴力(DV)をふるう恋人や夫と別れられない女性は、洗脳されている可能性が大です。

殴る蹴るなどの肉体的な暴力や暴言・罵倒などの言葉の暴力を受けて、「自分がダメな女だから夫(彼氏)が怒るのだ」と考えるようになります。暴力的行為をした後は、人が変わったように女性に優しくします。心身ともに弱っている女性は夫や彼氏を頼るようになります。

暴力的な夫や彼氏は、女性を友人や職場の仲間から切り離して孤独な状態にします。女性の両親や兄弟姉妹など親戚とも付き合わせないようにします。女性は相談する人もなく、夫や彼氏に依存するしかなくなります。

[教育と洗脳の違い]

教育は、社会に適応し社会に貢献できる人を育成することです。教育の第一目的は、個人の尊重・個人の能力の開花・人格の完成です。個人の持つ感性や能力をできるだけ伸ばしながら、社会人としての役割をきちんと果たせる人間を育てます。

義務教育は生きるための基本を教える

義務教育は、子供たちが社会の中で生きていくために必要な基本のルールや知識を教えます。野球は、基本のルールやバット・ボールなどの扱い方を知らなければできません。常識や社会の基本的ルールやコミュニケーションの取り方を知らないと、世の中を生き抜くことができません。

義務教育は、子供たちが自分自身の意思で行動し、自分の意見を自由に言える力を身につけることを目的としています。

教育には常に選択肢がある

学校教育では客観的事実を正確に伝えます。「民主主義とはこういう主義です」「日本にも軍国主義の時代がありました」「キリスト教と仏教の違いはこれこれです」などと教えます。教えられた子供たちや学生が、民主主義を良しとするか独裁政治を良しとするかはその人個人の自由な選択です。どの宗教を信じるか無神論になるか、個人が自由に選ぶことができます。

教育には常に選択肢があります。学校で教わった知識を活用して自分の考えで自由に選択することができます。洗脳やマインドコントロールは個性を奪い、個人を特定の人間や集団の支配下におくのが目的です。選択肢は全くありません。

教育は疑問を歓迎する・教育に暴力的行為は厳禁

教育は子供や学生が自分の頭をフル活動させて思考するように仕向けます。学ぶうちに疑問が生じることを歓迎します。疑問を持つことが自己教育力(自分で進んで勉強する力)を高めます。洗脳やマインドコントロールは思考を停止させ、疑問を持つことを許しません。

学校教育では暴力的行為は厳禁です。家庭教育など他の教育現場でも暴力的行為は許されることではありません。教育は恐怖心をあおることもしません。

洗脳には暴力的行為がともないます。洗脳もマインドコントロールも人の恐怖心をあおりながら、特定の考えを植え付けようとします。

学校教育が洗脳に利用されることもある

残念なことに、学校教育が洗脳に利用されることもあります。かつては日本でも学校で軍国主義教育がされ、「戦争は正しい行為である」と思い込まされました。現在でも、世界の中には学校教育を洗脳に利用している国があります。最高指導者など特定の人物を盲目的に尊敬し信頼するように洗脳されているので、全く疑問を持たないようです。

洗脳されている教師は危険

教師自身が洗脳されている可能性があります。洗脳されている教師は生徒や学生に一方的に特定の考えや価値観を押しつけてきます。子どもは洗脳されやすいので、このような教師はとても危険です。注意する必要があります。

洗脳されるのはどのような人?

child-1439468_960_720家庭内暴力

たいていの人は「私は洗脳なんかされない」「私が洗脳されているなんてあり得ない」と思っています。ところが、自分で気がつかないうちに洗脳されていることがあります。

マルチ商法にひっかかって大損したり、占いや美容師に大金をつぎ込んでしまったりします。洗脳されているのではなく、マインドコントロールされている可能性も大です。

[洗脳されやすい人の特徴]

堀江貴文氏は「日本人の99%は洗脳されている」と言いますから、日本人は洗脳されやすい民族かもしれません。洗脳されやすい人の性格や心理には、共通した特徴があります。

①心身のストレス過多で精神が弱っている

仕事や毎日の生活で心身ともに過労・ストレス過多になると、精神が弱くなります。睡眠不足が重なると、脳が疲労回復できず思考力が低下します。心が弱く思考力が低下している状態は他人から影響を受けやすくなります。

②他人を疑うことは悪いと考えている

洗脳されやすい人は他者を疑うことを悪いと考えています。自分の周囲の人たちを信じようとします。「自分の欲望さえ満たせれば、他人は不幸になってもかまわない」と考える自分本位な人が存在すると思っていません。特に、自分に親切にしてくれる人や優しくしてくれる人を信じようとする傾向があます。

「世間知らずのお人好し」と言われるタイプです。

③真面目で責任感が強く、頼まれると断れない

洗脳されやすい人は真面目で責任感が強いので、過重労働になっても仕事の目標達成のために頑張ります。心身ともに疲れ果てて、精神力も思考力も低下します。「仕事が速やかにできないのは自分の力不足だ」などと自分を責めて追い込みます。

仕事でも付き合いでも、頼まれるとNOと言えません。断るのは悪いと思っています。過労や睡眠不足になっても、頼みを聞き入れてしまいます。

④自分は絶対に洗脳されない自信がある

自分は「絶対に騙されたりしない」「絶対に洗脳されたりマインドコントロールされたりしない」という自信があります。自信があるので警戒心が弱く、好奇心から洗脳者に近寄ってしまう可能性が大です。

⑤独りで決断するのが苦手

自分の頭で考えて結論を下したり決断したりするのが苦手です。会社の上司や先輩など頼りになる人に決断してもらい、それに従うことを好みます。「神のお告げ」などを安易に信じるタイプです。

⑥自分の能力や価値観に自信がない

洗脳されやすい人は自分自身の能力や性格・自分の価値観や人生観・自身の生き方に自信がありません。人生に対する明確な目標もなく、毎日をなんとなく過ごしています。心の底で「自分はダメな人間だ」と思っています。

⑦周囲に相談できる人がいない

両親や兄弟姉妹と離れて一人暮らしをしていたり、身近に心から信頼できる相談相手がいなかったりする人は、洗脳やマインドコントロールされやすくなります。孤独なので、親切にしたり優しく接したりする人に依存する傾向があります。

⑧オカルト的なことに興味がある

宗教や占いに洗脳されやすい人は、神秘的なこと・霊能力・超自然現象などオカルト的な物事に興味があります。

[どのような物事に洗脳されるのか?]

私たちは気がつかないうちに多くの物事に洗脳・マインドコントロールされています。TVのCMが良い例です。「サッポロ・キリン・アサヒ」というと、たいていの人たちが「ビール」を思い浮かべます。全く関係のない物事を結びつけるのが洗脳・マインドコントロールです。

①恋人や夫

前述したように暴力的な行為をする彼氏や夫は、女性を洗脳しています。女性は入院を要するような酷い目に遭わされても、彼氏や夫を訴えることも別れることもしません。「彼氏や夫が暴力的行為をするのは、自分が悪いからだ」と自分自身を責めます。最悪のケースでは、暴力に耐えかねた女性が衝動的に夫や彼氏を殺してしまいます。

②マルチ商法

マルチ商法は正式には「連鎖販売取引」と言います。違法ではありませんし、クーリングオフなど細かい法的制約もあります。マルチ商法には「ミキプルーン」のような信頼できる企業もあります。

しかし、中には販売する商品が粗悪だったりネズミ講だったりする悪徳商法と言えるマルチ商法もあります。人を勧誘して会員を増やし販売を拡大していきますから、洗脳というよりマインドコントロールと言えます。

言葉巧みに勧誘してマルチ商法に引き込みます。勧誘された人は自分から進んで会員になり、自分も新会員を増やすことに夢中になります。自分たちがマインドコントロールされているとは夢にも思いません。会員獲得に頑張った挙句、大損する可能性があります。

③ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは、ある会社の製品を自分で購入してインターネットで売りに出して利益を得ます。マルチ商法と似ています。製品を自分で直接売りに行くのではなく、お客様の方から「買いたい」と思わせます。お客様が「買いたい」「欲しい」と思うように仕向けるので、マインドコントロールの手法が使われる可能性があります。

④セミナー

最近は自己啓発など様々なセミナーが流行しています。多くのセミナーが有用な結果が得られる真面目な信頼できるものですが、中にはカルト集団・カルト宗教が行うセミナーもあります。本物のセミナーは比較的高額なことが多いようです。

費用が安かったり無料だったりして気軽に参加できるセミナーは、カルト宗教の勧誘だったり高額な商品の販売活動だったりすることが多いようです。セミナーの間に恐怖心をあおられたりして洗脳され、カルト宗教に入信させられたり高額な商品を売りつけられたりします。

X-JAPANのToshiさんは「ホームオブハート」という自己啓発セミナーで洗脳され、12年間で15億円のお金をだまし取られました。

⑤極秘商品

悪徳商法の一つです。「一般的には販売できない極秘の商品」で洗脳します。「末期癌も治る」「生命力を高める」など薬品や健康食品が多いようです。効果効能に嘘があることもあります。難病で苦しんでいる人や死の恐怖に怯えている人の弱った心に付け込んで洗脳します。

EXILE ATSUSHIさんは歌手の生命とも言える喉の手術がきっかけで「生命エネルギー機構」に洗脳されました。生命エネルギー機構から高額な商品を多数買い込み、特に生命エネルギーの「水」にこだわっています。

⑥宗教

宗教は決して悪ではありません。むしろ人の心の支えになり、善良に生きるように導くものです。しかし、カルト宗教のように強引な勧誘で入信させるのは問題です。カルト宗教は、病気や災難や不幸で弱りきった人の心につけ込みます。「もっと不幸になる」と脅し、「あなたを救えるのはこの宗教だけ」と誘います。つけ込んで脅す宗教の勧誘は注意が必要です。

⑦ブラック企業

ブラック企業は、社員の自尊心を奪って洗脳し徹底的に労働力として使います。わずかのミスでも人前で怒鳴りつけて罵倒し、人格を否定して自尊心を奪います。寮生活をさせて家族や外部の友人と切り離し、会社だけが世界であるように思い込ませます。洗脳された社員は、常識はずれの社内規則や違法な過重労働にも疑問を持たず、ひたすら頑張ります。

時々「よく頑張っているな」などと甘い褒め言葉をかけて、やる気を高めます。ブラック企業の手法はDVの夫や彼氏とよく似ています。

⑧TVや新聞のニュース

これは、洗脳というよりもマインドコントロールです。TVも新聞も全てのニュースを公平に報道するわけではありません。各TV局・各新聞社で情報の取捨選択を行い、各社の方針に従った内容にして報道します。視聴者や読者はそれを事実として受け取り、TV局や新聞社の側に立った考え方をするようになります。

TVの報道や新聞の記事を鵜呑みにしないでインターネットの情報と照らし合わせるなどして、自分なりに情報を整理するようにします。

[洗脳された芸能人]

芸能人はお金持ちが多いので、お金目当てで洗脳されることが多いと言えます。また、オカルト的なものに魅かれる人も多く、占い師やカルト宗教に洗脳されやすいようです。サイトにも洗脳されている芸能人についての記事や関連記事が多く載っています。

貴乃花親方

日馬富士の暴行事件で話題の人となった貴乃花親方ですが、現役力士貴乃花の頃に整体師に洗脳されたことがあります。洗脳されて、実兄の若乃花の相撲を批判するようになりました。

辺見マリ

辺見マリは西郷輝彦と離婚した後、複数の祈祷師(拝みや)の女性に洗脳されました。大金をつぎ込み、家財産を失ったばかりか多額の借金までつくりました。

オセロ中島知子

中島知子は井上陽水との不倫疑惑をきっかけにして、自称霊能者に洗脳されました。激太りしたり出演をドタキャンしたりして、仕事もできなくなりました。でも、本人は洗脳されていることを認めていません。

洗脳されないようにするには?

human-1138001_960_720洗脳された人

私たちは知らないうちに洗脳されている可能性があります。「私も洗脳されているのかな?」と考えられるうちは、大丈夫です。

[洗脳されている人を見分ける方法]

洗脳されている人を見分ける方法の一つは、「あなたは洗脳されている」という言葉に対する反応を見ることです。完全な見分け方ではありません。参考になる程度です。

悪質な宗教やマルチ商法やセミナーに洗脳されている人は「あなたは洗脳されている」と指摘されると、「私は洗脳されていない。洗脳されているのは、そっちの方だ」「そんなことを言って、私を洗脳するつもりだろう」と反応します。「自分たちは絶対に洗脳されていない」と確信しています。

洗脳されていない人は、常に多くの選択肢と可能性を考える

洗脳されていない人は「私の話や行動のある部分が洗脳されているように見えるのかもしれない。他の人の意見も聞いて確かめてみよう」と考えます。洗脳されていない人は、常に多数の選択肢と可能性を考えることができます。

「洗脳されている」と指摘する前に、よく確かめる

知人や友人に「あなたは洗脳されている」と指摘する前に、「洗脳されやすい人の特徴」などを確かめることが必要です。それをしないで「あなたは洗脳されている」と決めつける人こそ、洗脳されている可能性があります。

[洗脳を撃退する方法]

洗脳を撃退する一番良い方法は、洗脳されるものに近づかないことです。

①洗脳の方法を知る

洗脳に関する本を読むなどして「洗脳の手法」を知るようにします。心理学的な理論だけでなく、著者の洗脳の経験を書いた本もありますから参考になります。次いで「悪徳商法」や「カルト宗教」の洗脳の手法と勧誘の方法を知っておきます。洗脳の方法を知っていれば、逃げることができます。

②世の中には正解がないこともある

日本人は正解を得るのが好きですが、世の中には正解のないこともあります。カルト宗教や自己啓発セミナーなどは「○○は絶対に正しい」「○○するのが正解」と言って、勧誘します。

③話をする時は相手の目を真っ直ぐに見る

洗脳されやすい人は自信がなくて気が弱く、おどおどした態度をとる傾向があります。話をする時に堂々とした態度で相手の目を真っ直ぐに見て、自分の意見をハッキリ言います。相手の方から退いて行きます。

④「何か変」と思ったら、相手と距離をおく

やたらに褒めたり親切に世話を焼いたりする人がいたら、「なぜそんなに優しいのか?」と冷静に考えてみます。「何か変だな」と感じたら、その人とは距離を置くようにします。

脅したり怒ったりする人とは離れる

優しく親切な人だと思っていたのに、急に怖い話で脅したり怒ったりする人とは離れて付き合わない方が無難です。

勧誘の内容が変わってきたら即座に断る

セミナーなどの勧誘で話の内容が変わってきたら、即座に断ります。すぐその場を立ち去ります。グズグズとその場所にいると、断り切れなくなります。

「神様はお金を必要としない」と考える

宗教の勧誘で話がお金(寄付や奉仕)に関係してきたら、「神様にお金は要らない」と考えます。すぐに勧誘している人から離れます。

⑤相手の言葉より行動を見る

洗脳もマインドコントロールも言葉が武器になります。言葉で人の心に入り込もうとします。特にDVの彼氏や夫を避けるためには、男性の言葉より行動を冷静に見るようにします。行動や動作には本心が現れやすくなります。

⑥第三者の意見を聞く

洗脳されないためには、常に第三者の意見を聞くことが大事です。どんなことでも相談できる家族(両親や兄弟姉妹)や友人や職場の上司・先輩と良好な人間関係を保つようにします。

家族や昔からの友人を大事にする

孤独な状態になると、心が弱くなって隙ができます。家族や昔からの友人との付き合いを大事にして、何でも話し合えるようにします。

⑦特定の人に依存しない

交友関係を広げ、特定の人に依存しないようにします。洗脳する人は相手を孤立させて、自分だけを頼るようにさせます。

⑧自分に自信を持つ

仕事でも勉強でも趣味でも自分の得意分野を見つけて、自分自身に自信を持ちます。自分の軸足がしっかりしている人は洗脳しにくいので、近寄りません。

⑨ストレス過多・過労・睡眠不足に注意する

日常生活を規則正しくするようにして、定期的にしっかり休むようにします。心身の過労や睡眠不足は思考力・判断力を低下させます。

適度な運動や気分転換をして、溜まったストレスを発散します。ストレス過多は精神を弱らせます。

まとめ 洗脳されると知らない間に精神が破壊される

洗脳とは「長時間個人を拘禁して、暴力的行為により精神を破壊し個人の精神を支配する」ことです。洗脳されると今までの価値観や思考などが失われ、新しい人格に変容します。

現代社会では私たちが気づかない間に様々な洗脳やマインドコントロールが行われています。悪徳商法やカルト宗教の勧誘や夫や恋人の暴力的行為(DV)などは洗脳です。暴力的行為は殴る蹴るなどの肉体的攻撃だけでなく、暴言や罵倒によって人格を否定したり怖い話で脅したりする言葉の暴力もあります。現代の洗脳は巧みな言葉が武器です。

洗脳されやすい人は「自分は絶対に洗脳されない」と思っています。ストレス過多や睡眠不足で思考力が低下し、自分自身に自信が持てません。相談する相手もいません。悪徳商法やカルト宗教は自己啓発セミナーなどの仮面をつけて接近します。洗脳する相手と長時間一緒にいるようにして、おだてたり脅したり怒ったりして相手の精神を破壊します。DVの彼氏や夫も優しい仮面で近寄り、女性を心身ともに支配します。

洗脳されないためには「私も洗脳される可能性がある」と考え、洗脳されるものには近寄らないことです。「変だな」と思ったら、即座にその人やその場から離れます。第三者の意見を聞き、冷静に考えるようにします。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする