性格ブスな女の人の7つの特徴とは?抜け出すにはどうすればいい?

スポンサーリンク

「お返事美人」「雰囲気美人」と言われる女性がいます。明るくハキハキ返事をする女性や、言葉遣いや仕草が優雅な雰囲気のある女性は、容姿容貌に関係なく美人に見えます。

「性格ブス」はその反対で、顔もスタイルも悪くないのになぜか男性に嫌われる女性です。性格ブスは女性からも嫌われます。性格ブスでいると、顔つきや目つきが悪くなってきます。

性格ブスの特徴と男性に嫌われる理由、性格ブスから脱け出す方法についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

性格ブスとは?

可愛い子ぶりっ子adult-18792_960_720

「性格ブス」とは文字通り「性格が悪い女性」という意味です。顔やスタイルに関係なく性格的に問題があるため、男性にも女性にも嫌われます。恋人との仲もうまくいきません。性格がブスだと、いつの間にか顔つきや目つきも悪く変わっていきます。

性格ブスの出典は「性格ブス」「美人は性格が良い。ブスは性格が悪い」などのブログです。自分の経験を投稿した記事も沢山発表されています。

[性格ブスの特徴]

「性格ブス」は、自分が性格ブスという自覚がありません。ですから、「なぜ私はモテないのだろう?」「なぜ彼氏ができないのかな?」と不思議に思っています。女友達や女性の同僚が苦々しく思っていることなど気づきもしません。女性から嫌われていても、「私に嫉妬しているのね」くらいに思っています。

性格ブスの特徴を知ると、自分自身の性格ブス度をチェックできますよ。

①男性の前では可愛い子ぶりっ子する

女友達の前では普通に素顔をさらしているのに、異性が加わると急に可愛い子ぶりっ子してアピールする女性がいます。特に好みのタイプの男性の前では、ぶりっ子振りが酷くなります。自分では自然にしているつもりですが、女性の反感を買います。

妹キャラで「頼りない・か弱い」女を演じる

性格ブスは「しっかりした姉さんタイプの女性より、頼りない・か弱い女性の方が男性にモテる」と思い込んでいます。それで、男性の前では妹キャラの女の子を演じます。

しっかりした大人の女性タイプや頼れる姉さんタイプの女性が一緒にいると、そういう女性たちを利用して自分の可愛らしさをアピールしようとします。

上目使いやアヒル口で可愛さをアピール

性格ブスは男性が現れると、急に上目使いやアヒル口(唇が前に突き出て口角がキュッと上がっている口)をして可愛らしさを強調します。

急に胸元を開けたり、髪の毛をクルクル指に巻き付けたりしてアピールすることもあります。

②人の悪口を言ったり、あら捜ししたりする

性格ブスは悪口を言ったり、人のあら捜しをするのが好きです。特に自分の嫌いな人間について悪口を言います。笑えないような悪口なので、聞いている方は不快感が生じます。

男性に女友達を評価させて、悪口を言うことを期待する

男性と会話する時、女友達を話題にして男性に悪口を言わせようとします。男性が悪口を言わないと、女友達の欠点や過去の失敗をおおげさに言い立てる傾向があります。旧友でも容赦しません。

嫌いな男性を「ウザっ」「キモい」などと言う

自分のタイプではない男性や嫌いなタイプの男性を「ウザっ」「キモい」などと言います。

③自分が1番でないと我慢できない

性格ブスは常に自分が1番・その場の中心でないと我慢できません。自分が話題の中心にいないと不機嫌になります。一緒にいる男性や女性がウンザリしていることに気づきません。

自分のことばかり話そうとする

性格ブスは自分のことばかり話して、人の話を聞こうとしません。

自慢話が多い

自分自身の自慢話をするだけでなく、自分の家族や親戚まで自慢します。男友達にお金持ちが多いことを自慢します。男友達が金持ちでも、自分には何の関係もないことがわかりません。

その場の主役がだれか、わからない

旧友の結婚式や友達の誕生日に呼ばれると、主役の花嫁やお誕生日の人よりも派手な恰好で現れます。出席している人たちが眉をひそめていることに気づきません。自分が一番目立つことが大事です。

相談事を他人に話す

性格ブスは常に話題の中心にいたがります。そのために他人の情報を流して人の興味をひこうとします。友達に相談された内容も平気でしゃべり散らします。相談した本人は腹を立てますし、聞いた人たちはしゃべった女性を信用しなくなります。

④自己中心的

性格ブスは自己中心的です。自分の意見や考えが一番正しいと信じているので、他人の意見や提案をすべて否定します。子供っぽいワガママを通そうとします。

他人に責任転嫁する

性格ブスはデートや会合に遅刻しても謝りません。何かのせいにします。仕事で失敗したりミスしたりしても、自分の非を認めず他者に責任転嫁します。「私は頑張っているのに」「私は悪くないのに」「私ってかわいそう」と、延々グチを言い続けます。

謝るべき時に謝らないと、人間関係が悪くなるばかりです。

自分のことは棚に上げて他者のミスや失敗を責める

性格ブスは自分の失敗やミスを棚に上げて、同僚や後輩がミスや失敗をすると徹底的に責め立てます。失敗した人の性格の欠点まで言い立てて責めます。

根拠のないことでも痛烈に批判したメールを友達に送り、返信を求めます。

⑤人の不幸を喜ぶ

性格ブスにとって他人の不幸話は正に「蜜の味」です。不幸な噂話が大好きです。

女友達が彼氏にふられた・知り合いの夫婦が離婚した・友人がセクハラされたなど、人に不幸が起きると大喜びします。いかにも同情しているような顔で友人の相談に乗りますが、心の中で嘲笑っています。興味津々で根掘り葉掘り尋ね廻り、情報を集めて共通の知人たちに不幸な噂話をしゃべりまくります。

人が幸福になることを喜ぶことができません。

⑥奢られるのが当然と考える

性格ブスは、男性が奢るのは当然と考えています。男性と食事をするのはタダ飯を食べることとです。確かに食事は男性が勘定を持つパターンが多いのですが、たまには割り勘にしても良いでしょう。何よりも「御馳走になります。ありがとう」という気持ちが大事です。

必ず見返りを求める

性格ブスは常に見返りを求めます。人に何かしてあげたら、お返しがあるのを当然と考えています。男と一緒に食事をしてあげるのだから、見返りとして奢るのが当然と考えるのです。

お金にセコイ

職場の同僚との飲み会でも、割り勘を嫌がります。男性の同僚に勘定を支払ってもらおうとします。女子会では割り勘が当然ですが、支払を渋ります。「あの子、セコイよ」と言われて、友達や同僚が距離を置くようになります。

⑦相手によって態度を変える

性格ブスは女に向ける顔と男に向ける顔が違いますが、男性によっても接する態度が異なります。自分の好みの男性に可愛い子ぶりっ子するだけでなく、お金を持っている男性や上司など権力のある男性には優しく丁寧に接します。

自分の得になると思われる人には優しく礼儀正しい態度で接するのに、自分の得にならない人やタイプでない男性には冷たい態度を取ります。傍で見ている第三者は不快感を持ちます。

自分を怒らせた人を決して許さない

性格ブスは自分を怒らせた人を決して許さず、無視し続けます。人に歩み寄ることをしませんから、対人関係が悪くなるばかりです。

気の弱い人にはあくまで強く出る

性格ブスは相手が気弱と見ると、あくまで強く出てきます。相手のミスや欠点を責めたて、周りの人たちに悪口を言いまくります。

[喪女]

性格ブスの仲間に「喪女(もじょ)」がいます。「喪女」とは「モテない女」の意味のネットスラングです。元々は2チャンネル用語でした。

性格ブスと違うところは、喪女は自分が男性にモテないことを自覚しています。喪女は男性経験が全くない・男性と付き合ったことがない女性です。喪女は自虐的にモテないことをアピールしています。

喪女の特徴

喪女は性格ブスと違って可愛い子ぶりっ子はしません。男性経験がないので、男性との接し方がわからないのです。異性と親しくしようという努力を全くしません。

  1. 男性とうまくコミュニケーションができません。男性と話すことが苦手です。インターネットで親しく交信していても、オフ会で実際に顔を合わせると口が利けません。
  2. 服装も髪型も地味です。ノーメークで、髪はボサボサという姿で平気で出歩きます。
  3. 「どうせ私は男にモテない」と諦めています。
  4. 彼氏をつくろうという行動力に欠けます。恋愛に関して自分から動こうとしません。

喪女度チェック診断のできるサイトもありますよ。

喪女も性格的に問題がある

喪女は自分に自信がないので、自虐的でネガティブです。マイナス思考に陥り、自分を美しく見せる努力をしません。

男性にモテない理由は顔やスタイルだけとは限りません。容姿容貌が普通でも「どうせ私なんか・・・」とマイナス思考に陥っていればブスになっていきます。しかも外見を全くかまわなければ、ブス・ダサい・ネクラ・オタクのイメージが強くなるばかりです。美人でも喪女、つまり「喪女美」になる可能性があります。

スポンサーリンク

性格ブスから脱け出す方法

swan-2401407_960_720醜いアヒルの子

性格ブスでいると、だんだん顔まで本当にブスになってきます。自分では好みの彼氏をゲットして恋愛関係になろうとして頑張っているつもりでも、周りの女性たちの反感を買います。

初対面のぶりっ子振りにだまされて付き合い始めた男性も、性格ブスな発言や行為や態度に本性を見抜くようになります。性格ブスに不快感を持つ周囲の男女から悪い噂を聞くこともあります。うまくいくと思われた恋愛が破綻する可能性もあるのです。

[性格ブスは顔や目つきが悪くなる]

性格は顔に出ます。「心麗しければ見目また麗し」と言われるのは本当です。どんな美人でもネガティブ思考マイナス思考に陥って人のあら捜しばかりしていれば、本人が気がつかないうちに表情や目つきが悪くなります。

性格ブスは目に現れる

「目は口ほどにものを言う」といいます。性格はまず目や視線に現れます。

①顔は笑っていても目は笑っていない

性格ブスは常に人のあら捜しをしています。職場の人たちや友人たちと楽しく談笑している時も、顔はにこやかに笑っていても目は冷ややかに相手を見ています。冷ややかな視線は少しも魅力がないブスの目です。

②会話する時に相手の目を見ない

性格ブスは会話する時に相手の目を見ないで、服装や持ち物などをチェックしています。自分の方が優れていると思うと、「勝ったわ」と言わんばかりに相手を馬鹿にした目をします。目つきが悪くなります。

③相手の欠点やあらを見つけて自分をチェックする

仕事をしたり食事をしたりする時も、相手のあら捜しに余念がありません。同僚の女性のミスに気付くと、女性にミスを教えてあげないで自分の仕事をチェックします。後で同僚がミスに気づいて慌てると、冷ややかな目で馬鹿にします。心の中で嘲笑します。あら捜しをする視線も馬鹿にして嘲笑する目も、相手や周りの人たちに不快感を与えるばかりです。

性格ブスは口元に出る

性格ブスは口元にも現れます。性格ブスは自己中心で他人を良く思っていません。他人を見る時には、口をへの字に曲げたり尖らせたりします。今にも文句を言いたそうな顔になります。

可愛い子ぶりっ子してアヒル口を作り口角を上げても、普段の口がへの字で口角が下がっていますから、攻略中の男性もギャップに驚いて引いてしまう可能性があります。

いつも口角が下がっていると、口角の上がった幸福そうな表情がしにくくなります。

[性格ブスを直す方法]

性格ブスを直す方法は、まず自分が性格ブスであることを自覚することです。性格ブスの特徴と自分を照らし合わせてみれば、自分が性格ブスかどうかわかります。もっと簡単にチェックしたければ、次の3点だけで十分です。①人のあら捜しをして悪口を言う ②相手によって態度を変える ③自己中心で思い通りにならないと不機嫌になる。

この3点があてはまり、恋愛や職場の人間関係がうまくいかないのであれば、性格ブスの可能性があります。

①自分で自分自身を好きになる

自分が性格ブスと自覚すると、自分自身が嫌いになります。自分自身が嫌いになると、ネガティブ思考マイナス思考に陥り、喪女に近くなってしまいます。自分自身を愛せない人間が他者を愛することはできません。自分自身を愛して大事にできるから、他者を愛して思いやり優しくできるのです。

お手本を見つける

そこで、「どんな人間であれば、好きになれるか?」を考えます。「こういう人になりたい」と思えるお手本を探して、好きなところをリストアップします。お手本の良いところを真似するように努力します。

自分を変える必要はない

今の性格が自分自身です。ありのままの自分を受け入れて、「性格をそっくり変えよう」などと思わないことです。今の自分の長所を活かすようにして、さらに好きになれるような性格を増やしていくだけで良いのです。

②自分の性格を相手に合わせて調節する

あら捜しが得意なのは、よく気がつくということです。相手のミスや欠点に気づいたら、批判したくなったり悪口を言いたくなったりする性格を少し抑えるだけで良いのです。周りの人がミスや欠点に気づく前に、そっと教えてあげるようにします。

相手によってきつい発言を控えたり、噂話はほどほどで切り上げたりと調節します。自分の性格を相手に合わせて調節することを「ぬいぐるみ心理学」といいます。

自分自身の性格をよく知り、ありのままの自分を受け入れると、性格の出し方を調節することができます。これは「相手によって態度を変える」のではなく「相手への思いやり」です。

③常に楽しいことを見つけるようにする

世の中にはイヤなことも沢山ありますが、楽しいことや嬉しいことも数えきれないほどあります。「通勤途中でタンポポの花を見つけた」でも「隣の家が可愛い子犬を飼った」でも何でもいいのです。職場の同僚や女友達に「ねえ、ねえ、聞いてよ。今日はこんな嬉しいことがあったのよ」と話すようにします。自慢話ではなくて嬉しい話・楽しい話をします。

同僚や女友達は「彼女が楽しそうに話すから、何だか元気が出る」と言うようになります。人にも好かれようになります。楽しい話をしているうちに、目も明るくなりますし口角が上がって明るい表情になります。

自分の幸福を喜ぶ

楽しいことや嬉しいことが見つかると幸せな気分になれます。「私って幸せ」と思うだけで目が輝き、表情が明るくなり笑顔が増えます。もう性格ブスではありません。

スポンサーリンク

美人は顔やスタイルではない

person-1178845_960_720美しい眼

「美人は性格が良い。ブスは性格が悪い」と言う人がいます。そういう体験談や関連記事を載せるサイトも少なくありません。これは間違いです。「性格が良いから美人。性格が悪いからブス」と言う方が正しいのです。

[なぜブスは性格が悪いのか?]

ブスは小さい時から「不細工」「可愛くない」と両親や周囲の人たちから言われ続けてきたために、自分には何の価値もないように思い込みます。自分に自信がなく劣等感が強くなります。その結果、ひがみや嫉みが強くなることがあります。

「どうせ私なんか何をしても男に振り向いてもらえない」と思い込むようになります。自分を美しくする努力もせず男性と付き合うことを諦めてしまうのが、喪女です。

自分より美人や可愛い女性のあら捜しをして悪口を言うようになります。美人の不幸話を好んで噂するのは、復讐系のブスの心理です。

ブスは心を傷つけられて自己受容ができない

「ブス」「デブ」、これほど女性の心を傷つける言葉はありません。幼い子供でもとても傷つきます。心が傷ついて、ありのままの自分を受け入れることができなくなります。

顔が美しくなっても心の傷は癒えない

「ブスだから性格が悪い」ならば、整形美容で美人になると性格も良くなるはずです。整形美容で自信をつけ明るい性格になる女性もいますが、どうしても自分の顔に満足できないで整形美容手術を繰り返す女性も少なくありません。美容整形依存症です。

美容整形依存症の心理は、どのように顔を変えても自分の思った通りの顔にならないのです。手術を繰り返すうちにネガティブ思考に陥り、ネクラで孤独になっていきます。

美容整形では心の傷まで癒すことができないようです。こういうケースでは、顔は美しくなっても性格は美しくなりません。

殺人鬼フジコの衝動

「殺人鬼フジコの衝動」という真梨幸子の小説があります。一家惨殺事件で瀕死の重傷を負いながらもたったひとり生き残った少女フジコは、悲劇を克服して成長します。しかし、心の傷が深すぎて心理的に社会復帰することができません。美容整形依存症に陥り、やがて殺人鬼に変貌していきます。

[だれでも美人になれる]

女性はだれでも美人になれます。整形美容など必要ありません。自分の良さを見つけて伸ばすようにするだけで美人になれます。美人タイプにはいろいろあります。容姿容貌に関係のない美人たちは大勢います。

美人よりもスゴイ人になる

「スゴイ人」「スゴイ美人」は「ハンサムウーマン」と言えるかもしれません。頭が良くてどんなトラブルに遭遇しても適正に対処できます。仕事がデキて、職場の男性たちからも尊敬され頼りにされます。コミュニケーション力が高く、だれとでも良好な人間関係を形成します。同僚の女たちや後輩・部下の気持ちを思いやります。

スゴイ人は身だしなみにも気を遣います。自分の容姿容貌を引き立てる服装や髪型をよく知っています。初対面から好印象を与えます。

雰囲気美人になる

雰囲気美人をよく見ると、整った美しい顔をしているのでもスタイル抜群でもありません。でも、彼女と会って話していると「なんて素敵な女性だろう」という気分になります。彼女の言葉遣いや仕草が上品で優雅なため、全身が美人の雰囲気で包まれてしまうのです。

雰囲気美人は自分を美しく見せる方法を心得ています。自分に合う香水をつけ、ヘアスタイルや服装に細かく気を遣います。美しく見せる対象は異性に限りません。だれにでも素敵な女性という印象を与えます。

前述のスゴイ人が雰囲気美人になると、男性の方からアプローチして来ます。

男顔の雰囲気美人

「きつい男顔だから美人になれない」と思うのは間違いです。キリリとした男顔のボーイッシュな女性が、テキパキと振る舞いながらも美しい言葉を話したり淑やかな仕草をしたりすると、そのギャップが男の心理を魅了します。

お返事美人は超簡単

お返事美人になるのは超簡単です。何か頼まれたり仕事を命じられたりしたら、「はい」と明るくハッキリ返事をします。声だけでなく表情も明るくにこやかに応じます。そして、すぐに頼まれた仕事にとりかかります。これだけで、「あの女性は気持ちよく引き受けてくれるから頼みやすい」と好印象を与えることができます。

「気持ちの良い女性」というイメージが出来上がるので、だれもが声をかけやすくなります。明るい声と笑顔を絶やさない女性は、男性心理を惹きつけます。

スポンサーリンク

まとめ 性格ブスは損をする

性格ブスは知らないうちに損をしています。普通、性格ブスは自分が性格ブスであることを自覚していません。

性格ブスは自己中心的で自分が1番でないとガマンできません。他者を良く思っていないので、あら捜しをして悪口を言いまくります。人の不幸話が大好きです。相手によって態度を変えます。女友達や女性の同僚には素顔で接しているのに、男性には上品ぶって見せます。お金持ちなど好みの男性には可愛い子ぶりっ子するのに、嫌いな男性には冷たく接します。

性格ブスは周りの人たちの信頼を失い、嫌われるようになります。一生懸命可愛い子ぶりっ子しても、いつの間にか本性が現れて恋愛もうまくいかなくなります。性格が顔に出て、目つきが悪くなり表情が暗く冷たくなります。だんだんブスになります。

「性格ブスを直したい」と思い始めた女性は、半分直ったようなものです。自分の性格をありのままに受け入れ、自分の良いところを伸ばすようにします。欠点は無理に直すよりも出し方を調節するようにします。自分で自分を好きになるようにします。

美人は容姿容貌と関係ありません。他人を思いやり、言葉や仕草を優雅にして美しい雰囲気で全身を包みます。自分に似合う服装やヘアスタイルを研究して、外見に気を遣います。だれでも素敵な美人になれます。

関連記事として、

雰囲気美人の女性の特徴を知ろう!髪型やメイク、心構えを紹介!

癒し系女子とは?性格やメイクの特徴、男性の心理について知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする