生まれつきのあざの原因はなに?種類や治療方法はどんなのがある?

黄色人種であれば、あかちゃんの時に多くの人が経験のある蒙古斑は、お尻から背中にかけてでる青いあざですね。また最近では生まれつき顔に出来ているあざのために厚化粧をしなければならない女性の話題もありました。

このような生まれつきのあざには、成長に伴って自然に消えてしまうあざもあれば、大小さまざまなあざがあり大人になっても消えないものまであります。誰しもひとつは経験があるのではないでしょうか?そんな生まれつきのあざについてまとめてみました。

スポンサーリンク

あざはどうしてできるの?

そばかす

あざはメラニン色素という皮膚を黒くする色素によってできるものです。

皮膚は表皮、真皮、皮下脂肪織という3層で構成されています。通常メラニン色素は、皮膚の上の部分である表皮にしか存在しませんが、生まれつきのあざの場合は、胎生期に何かしらの原因があり、異常が起きて表皮以外の真皮や皮下脂肪織にメラニン色素が出来てしまうことがあるそうです。そしてそれが増殖すると、あざとなって現れるということです。

そのあざの色もさまざまで、黒や茶色といった見慣れた色から赤や青などあります。メラニン色素が比較的浅い場所にあれば茶色に見え、深い部分にあれば青色に、また血管の中にあれば赤色に見えるあざとなります。また形もまるで風呂敷を広げたような大きいものからほくろのように小さいものまでさまざまです。

また生まれつきでない後天性のあざは、圧迫や打ち身など一時的なものの場合、皮膚の真皮や皮下脂肪織に内出血を起こしたため、血液中のヘモグロビンという色素によって赤くなります。この場合は時間が経つにつれ、ヘモグロビンの酸化によって青色に変わります。軽いものは後が残らないことが多いのですが、ひどい打ち身や圧迫などの場合は、治癒の経過でメラニン色素が生成されるために、あざとなって残ることもあります。

スポンサーリンク

あざとホクロの違い

ほくろ女子

また生まれつきあるものとして、同じように黒色をしているあざとホクロの違いはなんなのでしょう?

実はホクロも黒あざも、医学的には同じ分類に入ります。共に黒色の斑点を示すもので、母斑と呼ばれ、1ミリ以下から数センチ以上まで大きさもさまざまです。主にほくろと呼ばれるものは、小さく円形をしたものを指し、黒あざは楕円以上に大きく広がって面を作っているものを指すようです。

また、黒あざは、メラニンを多く含んだ細胞が増えたもので、色素細胞母斑といいます。この色素細胞母斑は、生まれたときからある、先天性の色素細胞母斑と、後天性の色素細胞母斑の2種類があります。

ホクロは、メラニン色素を作る細胞が何かしらの原因で増えて出来たものです。色は薄い茶色から黒褐色のような色まで、形も大きめのものから平べったいもの、毛が生えているようなものまでさまざまです。ホクロはメラニン色素が増えると出来るので、年をとるごとに増えたり、生まれつきあるものでも、形が変わったりするのです。

スポンサーリンク

生まれつきのあざには種類がある

sobakasu

生まれつきのあざには、色や形など、さまざまな種類があります。またその状態によっても放置しても自然となくなるものや何も心配することがないものから、出来た場所や大きさなど状態によっては治療を必要とするものなどがあります。あざの種類を見てみましょう。

青いあざ

皮膚の真皮にメラニン色素があり、増殖すると青あざになって表面に現れます。メラニン色素が増殖しているために硬く感じます。顔や背中、手足によくできることが分かっています。

蒙古斑

黄色人種ではよく見られるものです。お尻から背中にかけてでる青いあざです。大きさや形などは人によって違います。この青あざは小学生ぐらいで自然に消える、心配のないあざです。

太田母斑

おでこや目の周り、頬などに青色のあざが出来ます。多くが片側に集中しています。自然に消えることはなく、成長するにつれて色味が濃くなる場合があります。気になる場所の場合は、レーザー治療などが可能ですが、完全に消えることは難しく、できるだけ色の薄いうちに治療を始めるのがよいとされています。

異所性蒙古斑

蒙古斑がお尻や背中だけでなく、顔や腕などにできる場合をこのようにいいます。あざの色味が薄い場合は自然に消えることが多いのですが、濃いものは大人になっても消えないことが多いあざです。レーザー治療などができるので、専門医に相談すると良いでしょう。保険が適用されることがあるようです。

赤いあざ

茶色いあざや黒いあざ、青いあざがメラニン色素が真皮や皮下脂肪織に増えたことが原因であるのに対し、この赤いあざは、皮膚の血管の拡張や血管が何らかの原因で異常に増えた場合に出ることが多いそうです。

いちご状血管腫

毛細血管が増殖してできたあざです。表面は盛り上がりぶつぶつした様子です。生後まもなくからでることがあります。しかし就学する頃には自然に消えていくことが多いです。稀にこのあざが大きすぎるとき、またただれてくるなどの変化があったときには、専門医に相談して治療をしたほうが良い場合もあります。

ウンナ母斑

毛細血管の拡張からできるあざです。盛り上がりはなく、首の後ろや後頭部に出来るあざです。自然に消えることはなく、大人になるまで残るあざです。

サーモンパッチ

みけん周りや額、時に目の周りなどにできるあざです。輪郭はぼやけているためにあまり目立つことはありませんが、顔部分にあるため、気になる人が多いあざです。時間の経過と共に自然に消えるものです。稀に園児ぐらいまで残ります。気になる場合は、専門医に相談してレーザーなどの治療を受けることも可能です。

単純性血管腫

真皮の毛細血管が異常増殖し、赤いあざになったものです。顔や手足などに多くでます。生まれつきのあざで、自然に消えることはありません。場所によっては気になる人も多いので、レーザー治療などを専門医に相談してもよいでしょう。

茶色いあざ

皮膚の表皮と真皮の間ぐらいのところにメラニン色素があり、増殖すると茶色いあざになって表面に現れます。赤ちゃんに多く見られ、場所も体中さまざまです。色も薄い茶色から濃い茶色まであります。医学的にしみやそばかすとは区別されています。

扁平母斑

その名のとおり、扁平のあざで、色も薄い茶色です。大きさは人によってさまざまです。悪性になることはないですが、年を経るごとに色味が濃くなることもあります。場所によっては気になる人も多く、レーザー治療が可能です。場合によっては美容整形の部分にあたり、保険の適用外になることもあるので、専門医に相談してみると良いでしょう。

カフェオレ斑

カフェオレ斑は、生まれつき、又は生後すぐに出来ることのある、境界線のはっきりしたカフェオレ色のあざです。大きさは2ミリ程度の小さいものから20センチ近くまで大きいものなどさまざまです。このようなあざで、直径1.5センチ以上のものが6つ以上あると、レックリングハウゼン病という遺伝性の疾患に罹っている可能性がでてきます。成長する経過で、骨や内臓、脳や目などに神経性の腫瘍ができる疾患です。思い当たることがあれば、専門の医療機関に受診しましょう。

また身体の多くに茶色のあざがある場合は、アルブライト症候群という疾患の可能性もあります。骨の変形や骨折など、人間の成長や発達に影響を及ぼす疾患です。早めの発見が必要ですので、注意しましょう。

白いあざ

皮膚のメラニン色素の生成が何かしらの原因によって、停止したり、色素細胞自体が破壊されるなどの原因から、色が抜けたように白く見えるあざが見られます。生まれつきあることが多く、1つなどであれば心配ないといわれています。しかし白いあざが連なっているように見えたりする場合は伊藤白斑という疾患の可能性もあります。神経症状に異常の起こる疾患なので、心配な場合は専門の医療機関に受診すると良いでしょう。精密検査を受けることでわかります。

黒いあざ

先天性色素性母斑

生まれたときからある黒いほくろのようなものです。そのまま放置しておくと、5%程度の低い確立ではありますが、悪性黒色腫(メラノーマ)という皮膚がんに悪化する可能性がある黒いあざです。特に5センチ以上のもの、形のいびつなもの、毛の生えている大きな濃い色のものは悪性化する可能性があるといわれているので、できるだけ早めに専門の医療機関に受診しましょう。

また生まれつきの黒色のあざの場合は、遺伝的な要素が強いといわれています。また場所なども遺伝するといわれています。今後のために家族にそのような状態の人がいるかどうか、悪性になっているかどうかを調べてみてもよいでしょう。また良性のものでも、場所や大きさによっては気になることもあると思います。取り除くにはレーザー治療などをすることが可能です。

スポンサーリンク

あざの治療法

薬

身体に害をなさないあざの場合でも、出来ている場所によっては、人目に触れるなどの理由から除去を望む人も多くいます。あざの治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?

レーザー治療

最近の主流の治療法です、あざに限らず、ホクロなどの除去にも使われています。レーザー治療は、特定の色素に反応してレーザーが皮膚やホクロに照射されます。

照射されると、その部分がかさぶた状態になり、ホクロや色素沈着した皮膚と共に剥がれ落ちていきます。新しい皮膚は刺激に弱いのでしばらくは医療用テープなどでの保護が必要になります。ほとんどが1ヶ月から3ヶ月に1回の照射をし、数回以上の照射を必要としますので、ゆっくりと時間をかけての治療になります。

薬による治療

レーザー治療と並行して薬による補助的治療が行われます。ビタミンCやトラネキサム酸などの薬が処方されます。身体の中からも肌に効かせていきます。

手術

レーザー治療では対処できないことや、悪化の可能性があるものなどは、手術をすることがあります。特に黒色のあざやホクロで悪性化する可能性があるものは手術をすることが多いです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?生まれつきのあざにも色々な種類があることがわかりました。成長と共に消えてなくなる蒙古斑のような安心なものから、茶色のあざで連なるものや黒くいびつなものなど皮膚がんに悪性化する可能性があるものなど、さまざまですね。

場所によっては気にならないものもあれば、顔や手足など人目に触れるような場所にあるものは気になりますよね。治療を考える前には、たかがあざと思わずに一度専門の医療機関で見てもらうと良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする