熱っぽいと感じる原因は?病気の可能性や対処法を紹介!

夏も近くなり気温が高くなる日も増えています。しっかりと水分補給して熱中症や脱水を防ぎましょう。

今回はそんな原因が明らかな「熱っぽい」ではなく、日常でもよくある「何だか熱っぽい」についてです。 疲れが溜まっていたり、風邪の引き始め、女性は生理中など理由があればよいのですが、「熱っぽい」が「微熱が続く」になったら病気のサインです。すぐに診察を受けてください。

スポンサーリンク

そもそも体温とは?

medicine

人間の体温は早朝4時頃に最も低くなり、次第に上がっていき夕方16時頃に最も高くなります。その後、夜にかけて次第に下がっていきます。これを概日リズムといいます。

また、運動・入浴・感情の変化・気温・女性の性周期・食事などによっても変動しますが、その幅は±1℃程度と言われています。平均体温が37℃の方が1℃高くなって38℃になっても、明らかな身体の不調がない限り異常であるとは言えません。

通常、人間の体温は37℃が正常です。ちょっと高いと感じる方もいるかもしれませんが、日本人の平均は36.89℃(腋下測定)とされています。(かなり古いデータなので、最近では異なっているかもしれません)人間の生命活動は主に酵素の働きによって成り立っています。この酵素の働く至適温度と人間活動のバランスが取れているのが37℃と言われています。

<余談1>

よく低血圧の人は朝起きられないといいますが、血圧と目覚めには何の因果関係もありません。現在は交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいっていないのが原因だと考えられています。交感神経は活動・緊張・ストレスを感じるときに優位になり、休息・睡眠・リラックスしている時には副交感神経が優位になります。この2つを合わせて自律神経と呼びます。

この切り替えがうまくいかないと、身体を上手くコントロールできなくなり、朝ぼーっとしがちになります。体温を上げることで交感神経優位になるので、ストレッチをする、熱いシャワーを浴びる、熱い飲み物を飲むなどすれば一時的に改善します。しかし根本的に解決するためには、熱を生産する肝臓を活性化することと筋肉量を増やして体温を上げることが重要と考えられています。

ではなぜ低血圧が朝起きられない原因と考えられているのでしょう?

それは低血圧で血流が悪くなることによる症状が、翌日まで疲れが残る、体温が低くなりがち、めまいや立ちくらみ、朝ぼーっとするなど、朝起きられない原因とぴったり合うからです。

スポンサーリンク

発熱は正常な反応である

lips-468915_960_720

人間は摂取した総エネルギーの約70%を体温の維持に使用していると言われています。主に熱を発生させているのは肝臓と筋肉です。発生した熱は血液循環によって身体の隅々まで栄養と同様に届けられます。

この体温をコントロールしているのが自律神経系です。自律神経は、血管の収縮や拡張を制御して体温を一定に保っています。この自律神経に何かしらの影響があると、体温が一定にコントロールできなくなります。それではどのような原因で異常が発生するのでしょうか?

感染症

細菌やウイルスに感染すると、その部位が損傷することによって細胞から様々な物質が放出されます。その物質に反応し血液供給量が増え、体液や白血球が患部に届きやすくなります。白血球は侵入した病原微生物を攻撃し、炎症を継続させる物質を放出します。

感染部位で複雑な反応が起きることによって発熱します。全身性の発熱は、身体の防御機能を高める作用があります。

更年期障害

女性は閉経時期になると、卵巣から分泌されるエストロゲン(女性ホルモン)が減少してきます。エストロゲンが減少してくると脳は盛んにエストロゲンを作るようにFSH(卵胞刺激ホルモン)を分泌して作るように指示を出しますが、更年期になった卵巣は必要な量のエストロゲンを作れないため、エストロゲンとFSHのバランスが崩れてしまいます。

このホルモンバランスの乱れが自律神経に影響を与え、「身体のほてり(ホットフラッシュ)」「大量の汗(スウェッティング)」などの症状がでます。

また、女性ホルモンを始めとして副腎皮質ホルモンはステロイド骨格を持っているのですが、原料はコレステロールです。閉経時期に前後して血管・心臓系の疾患が増加したり、太りやすくなるのは、体内でホルモン生産量が低下することによる血中コレステロールの増加がひとつの要因です。

これが更年期障害の典型的な症状ですが、最近では若年性更年期障害が増えているため、若くても「熱っぽい」という症状が見られるケースがあります。

ストレス

自律神経失調症の原因とされています。慢性的にストレスがかかり続けることによって微熱が続いてしまいます。いろいろな検査を行っても異常がみつからない、解熱剤を服用しても熱が下がらない、ストレスが軽減すると症状が改善するといった特徴的な症状が見られます。

<余談2>

ストレスには正のストレスと負のストレスがあります。マイナスイメージばかりのストレスですが、嬉しいイベントでも身体にはストレスがかかるのです。なぜならストレスとは外界からの刺激に対する反応のことだからです。

進学、結婚、子どもの誕生、昇進などでも大きなストレスが身体にはかかっていると言われています。

アレルギー

原因物質(アレルゲン)に対して、免疫が過剰反応する状態のことです。本来は病原性のない、スギ花粉・ハウスダスト・ダニ・卵などに過剰反応してしまいます。

このアレルギーを原因とする疾患は、喘息・アトピー性皮膚炎・花粉症・蕁麻疹・アレルギー性鼻炎/結膜炎などがあり、症状の重症度によって発熱反応を伴うケースがあります。

スポンサーリンク

どこからが異常なの?

more-687241_640

発熱が、それほど異常な身体反応でないことが分かっていただけたと思います。それではどこからが異常で、どこまでが異常ではないのでしょうか?

ここからは、特に注意すべきケースについてみていきましょう。

微熱(平均体温+1℃程度)が続くケース

原因不明のケースもありますが、微熱が1週間以上継続する場合には何かしらの病気のサインであると考えて受診してください。下記の病気は症状によって高熱を出す場合もありますが、微熱が継続する場合も多くありますので参考にしてください。

膠原病

皮膚・骨・軟骨・靭帯などを構成する繊維性タンパク質(コラーゲン)に障害・炎症を起こす自己免疫疾患の総称です。リウマチ(関節リウマチ)が代表的な病気ですが、患者数が他の膠原病に比べて圧倒的に多いことから、リウマチと膠原病は区別されることもあります。ベーチェット病、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎、強皮症などまれな病気ばかりです。

疲れやすい、だるい、関節や手首足首、手足の指などが腫れて痛む、食欲不振、目の炎症などの症状があります。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺機能が異常に亢進することによって、身体活動が異常に活発化してしまいます。典型的な症状は、暑がる、動悸がする、不整脈、疲れやすい、ぐっすり眠れない、下痢などです。

バセドウ病については、バセドウ病の初期症状とは?チェックする方法を紹介!を参考にしてください!

結核

結核菌が肺に感染することによって発症します。結核特有の(黄色~緑色の粘性の強い)痰がでる、身体がだるい、寝ている時に大量の汗をかくなどの症状がでます。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻の奥にある副鼻腔が細菌やウイルスによって炎症を起こしている状態です。炎症部位に膿が発生して、腐敗したような悪臭がするためすぐにわかります。

頭・歯・目などが痛む、鼻が詰まる、鼻が腫れるなどの症状がでます。詳しくは、蓄膿症が臭い!症状や予防方法を知っておこう!を読んでおきましょう。

習慣性性扁桃腺炎

主に小学生以下の子どもがかかる病気ですが、大人でもかかることがあります。

扁桃に細菌やウイルスが感染することによって発症する病気で、のどの腫れや痛み、のどの違和感、食べ物を食べると喉がしみるなどの症状がでます。年に3~5回感染すると習慣性扁桃炎と呼び、悪化すると病巣感染といって関節や腎臓など他の臓器へ感染することもあります。

風邪だと思って放置しておいて重症化してしまうケースがありますので、6歳以下の子供では注意が必要です。

慢性膀胱炎

膀胱に細菌が入り込んで炎症を起こします。習慣化しやすい病気のため、自覚症状が乏しいのも特徴です。頻尿、排尿痛、残尿感、血尿などの症状がでます。詳しくは、膀胱炎の治し方を紹介!自力で治すことは可能なの?を読んでおきましょう。

尿路結石

尿路(腎臓・膀胱・尿管・尿道)に結石ができる病気です。40代男性が好発年齢で、女性は閉経後に発症率が高くなります。

激しい痛みを伴うことが多いので見逃す事はほとんどありませんが、血尿、吐き気、腰痛などが特徴です。詳しくは、尿路結石の痛みについて!和らげる方法と予防方法は?を参考にしてください!

慢性胆嚢炎

胆嚢や胆管内に結石(胆石)ができる病気です。ほとんどの胆石が胆嚢にできてから胆管へ流れていきます。この胆石によって胆管が塞がれることにより、黄疸や腹痛などが発生します。特徴的なのは、食事後に右あばら骨の裏側辺りが痛むことです。

慢性腎盂腎炎

尿管結石や膀胱炎、前立腺肥大などと合併して発症することが多く、腎盂内で細菌が繁殖し、腎臓にまで炎症が及びます。慢性化する場合には先天的に尿路異常がある場合が多く、子どものうちに判明することがほとんどです。

大人が発症する場合には、原疾患があることが多く、単独でかかることはあまりない病気です。

スポンサーリンク

まとめ

読んでいただければ分かると思いますが、微熱が継続する病気の多くは「習慣性」「慢性」と頭に付くものです。これらの病気は、複数回感染・発症することによって慢性化していきます。

本来は慢性化する前に治療を受けた方がよいのですが、日常に追われてしまって、体調不良が当たり前のようになってしまうこともあります。

この記事を読んで「あれ?」と思った方は、直ぐに専門機関で受診することをお勧めします。

関連記事として、

微熱って何度から何度まで?考えられる病気は?

微熱が続く原因って?だるい時は病気の可能性も!

夜になると微熱が発生するのはなぜ?原因や対処法を紹介!

生理前の微熱が続くのは妊娠?見分け方や対処方法とは!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする