ワキガの原因は?食べ物やストレス、洗い方に注意!

混んでいる電車や狭い部屋の中など、ふと気がつくとなにか臭いを感じるときありませんか?

それは自分から発する臭いなのか?それとも誰かの臭いなのか?そんな気になるわきがについて原因とその対処法をまとめてみました。

スポンサーリンク

わきがの原因って?

すっぱい

気になるわきがの原因を見てみましょう。

わきの下には、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺の3つの分泌腺があります。わきがの主な原因として考えられているのは、アポクリン腺という汗腺からでる汗です。この汗そのものは実は無臭です。

しかしアポクリン腺から出る汗に含まれる脂やタンパク質、糖質やアンモニアという成分が、皮膚にある常在菌と接触し、分解されることで、わきがと呼ばれる独特の臭いが発生するのです。これにさらに皮膚表面の皮脂などが混ざるとさらに臭いが強くなります。

もうひとつの汗腺、エクリン腺という汗腺から出る汗は、水分と塩分で出来ていて無臭です。この汗は主に体温調節のために出る汗です。サラットしていて粘り気はありません。

しかしわきが体質の人の場合、全身にあるエクリン腺からでる汗がアポクリン腺から出る汗の臭いを拡散させてしまうという特徴を持ちます。その結果、身体全体から臭う気がするのです。

皮脂腺は、全身の皮膚にあるもので、汗ではなく脂を分泌します。この皮脂がアポクリン腺と合わさることで細菌の繁殖原因にもなり、臭いの原因になるのです。さらにわき毛の存在もあります。わき毛は、わきの下にかいた汗をそこに留める働きをします。そのため留まった汗に皮膚の常在菌が繁殖し、臭いを増幅させてしまうのです。

スポンサーリンク

欧米との違い

わきがに対する日本と欧米との意識の違いがあるのをご存知でしょうか?

日本では、わきが体質といわれているのは、10%程度だといわれています。一方欧米では、わきが体質といわれる人が半数以上います。日本では少ない体質のため、より目立ってしまい、気にしすぎてしまうのかもしれません。また日本では香水の文化がないので、臭いに対してとても敏感だともいえます。

スポンサーリンク

遺伝

遺伝3

わきがの原因は、遺伝によることが大きいといわれています。わきがの原因はアポクリン腺から出る汗と細菌や皮脂などの分解によるものだということが分かっていますが、わきが体質の人には、このアポクリン腺の量がそうでない人に比べて多く存在し、汗の量が多いためにわきがになるのです。

遺伝の確率については、両親どちらかがわきがの場合、子供は50%の割合で遺伝するそうです。また両親共にわきがの場合は80%の割合で遺伝するそうです。またおばや祖母、祖父などからの隔世遺伝もあるそうですから、誰でも十分に可能性はあります。しかし遺伝したからといって、必ずしもわきがになるわけではないそうです。そしてわきがでも普段の生活習慣や食生活、ケアなどで改善できることはたくさんあるのです。

もちろん、わきが体質で無い人もアポクリン腺は存在しますので、汗の量が多ければ、時にわきが臭の可能性はあります。またわきが体質の人でも、汗腺の働きがあまり活発でなければわきがにはなりません。

ではどのようなことがアポクリン腺の働きを活発にさせてしまうのでしょう?

スポンサーリンク

わきがを強くする原因

食べる

わきがも人によって臭いの強さはさまざまです。このような違いはどうして起きるのでしょうか?わきがを強くしてしまう原因はあるのでしょうか?

成長期

13歳から18歳ぐらい、ちょうど中学生から高校生ぐらいにかけての思春期といわれる時期は、子供から大人へと成長する過程で、ホルモンバランスが乱れやすく、身体の変化が大きく汗腺の働きも活発になる時期です。

わきが体質を遺伝している人は、アポクリン腺という汗腺の量も多いので汗をかきやすく、においも強くなります。そのためわきがの症状も現れやすくなります。

ストレス

ストレスは汗腺を刺激し、臭いのある汗を出す大きな要因です。

驚いたり、緊張したりしてへんな汗をかいたことは、誰でも1回は経験があるのではないでしょうか?また極度の緊張や恐れなどから起こる脂汗などもありますよね。

このような体温調節以外で緊張などすることによって汗腺を刺激してしまうことは、アポクリン腺の働きを活発にさせてしまうことになり、結果、わきがが強くなる原因になってしまうのです。

食生活

アポクリン腺を刺激する食生活はわきがを強くします。

油脂の多い食事や肉食、バターやチーズや牛乳など動物性のタンパク質などを多く摂る食生活はアポクリン腺を刺激します。そのせいでわきがが強くなることがあります。

反対に日本の昔ながらの食生活に多く見られる魚や野菜中心の食生活では、ビタミンやポリフェノール、カロテンなどのわきが体質の改善などによいとされる食べ物が含まれています。

ホルモンバランス

特に女性にとってはホルモンバランスが乱れやすい時期にわきがになることがあります。

妊娠や出産など、ホルモンバランスの乱れるときに一時的ではありますが、わきが臭が強くなることがあります。もともと体質的にアポクリン腺の量が多いこともあると思いますが、今まで感じなかった人は、ホルモンバランスの乱れによって出てきたと考えたほうがよいでしょう。そのような場合は、ホルモンバランスが整うと臭わなくなったりします。

肥満

肥満の人は、臭いの強い汗をかく傾向があるといわれます。肥満の人は体内の熱を放出しにくいので体温が下がりにくく、体温調節のために汗を多くかいてしまうのです。

そのためわきがが強くなる原因になるのです。

嗜好品

アルコールやたばこなどの嗜好品は、わきがを強くする原因です。

飲みすぎたりした翌日に身体が臭うことがありませんか?それは、アルコールが原因です。アルコールは、そのものが臭いを発する物質です。体内から汗として発散されると臭いはさらに強くなります。

タバコもタバコに含まれるニコチンという成分が発汗を促し、アポクリン腺を刺激します。アルコールやタバコなど嗜好品で汗腺を刺激したり、強い臭い物質を取り入れたりするとわきがはさらに強くなります。

ムダ毛

わきのムダ毛によってもわきがは強くなります。

わきの下のアポクリン腺から出る汗と皮脂や雑菌などで発生するわきがは、わきの下のムダ毛によってもさらに臭いを強くさせてしまいます。わきの下の毛は汗をとどめる働きがあるため、そこに雑菌が繁殖しやすいのです。

出来ればわきの下の毛は処理するのが良いのですが、その方法も毛抜きなどで抜くのはやめましょう。毛抜きで抜くと、汗腺を刺激してしまって、かえって汗の分泌が活発になってしまいます。処理をするならかみそりなどで優しく処理するとよいでしょう。

スポンサーリンク

ワキガの対策方法

手を広げる

わきがの原因と強くしてしまう要素などは理解しましたか?ではわきがを少しでも改善する方法はあるのでしょうか?

わきがは、美容外科や皮膚科などで本格的な治療や手術を受ければ根本的に解決することができます。しかし、そこまでするほどでは、と思っている方も多くいらっしゃると思います。では自分でわきがの症状を改善するにはどうしたらよいのでしょうか?

洗い方などケア方法

基本的にはわきの下を清潔に保つことが大切です。最近では殺菌作用のある洗浄料も出ているので、肌に合ったものを選んでも良いでしょう。また、衣類に直接殺菌作用の効果があるスプレーや柔軟剤なども販売されています。そして一番大切なのは、入浴の際の洗い方です。

臭いを気にしてゴシゴシ洗ってはいませんか?肌を強く擦ったり、あまりにも洗浄力の高いものを使うと肌を荒れさせてしまいます。肌の表面には、良い菌と悪い菌がいます。よい菌まで洗い流してしまっては、悪い菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。オススメは重曹石鹸とみょうばん石鹸です。

重曹石鹸は、洗浄力があるのですが、肌には優しい成分です。一方みょうばん石鹸は臭いを防ぐ効果が持続するのが特徴です。まずは洗浄力の高い重曹石鹸で洗ったあとに、みょうばん石鹸でもう一度軽く洗うことを試してみてはいかがでしょう?どちらもゴシゴシ擦るのではなく、肌の上を優しく滑らすことが重要です。

食生活

食生活ではアポクリン腺を刺激するような脂の強い食事や動物性タンパク質を控えましょう。代わりに野菜や果物や大豆などの植物性のタンパク質を積極的に取り入れましょう。

体臭を抑える働きのある食材として、緑黄色野菜や大豆、昆布やバナナ、梅干などがあります。

生活習慣

わきがの原因でもあるわきの下の毛を処理するのも改善にはよいでしょう。その際にはかみそりなど汗腺を刺激しない方法がオススメです、またこまめに処理することでわきがが改善されます。

また汗をかいたらこまめに拭くなど汗を留めないようにすることで雑菌が繁殖しにくくなります。しかし汗をかいたらすぐというのは、体温を下げてから。ということです。汗は体温調節のために出るので、体温が下がる前に拭いてしまっては余計に汗を分泌させてしまいます。適度な時間を置いて拭くようにしましょう。

また、衣類の素材にも気をつけましょう。繊維によっては汗を吸って蒸発させないものがあります。そのまま汗のついた衣類では雑菌の繁殖の原因になります。通気性のよい素材を選びましょう。

ストレスなどの精神衛生にも気をつけましょう。極度なストレスは、自律神経を乱れさせます。この自律神経の乱れから、普段は汗をかかないところで汗をかいたりすることがあります。また過度にわきがを気にすることでも余計に汗腺の働きを活発にさせることがあります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?わきがの原因は遺伝的要素にさまざまな要因が合わさって出てくる症状でした。アポクリン腺の量は、遺伝なので、数は変えられませんが、食生活や生活習慣、また嗜好品や衣類の選び方で症状は改善できます。

最近では市販品でもさまざまな物が販売されていますので、自分の肌に合った快適なものを使用すると良いかもしれません。また人によってはわきがを気にするあまり精神的に辛い人もいるようです。そんな時は皮膚科や美容外科など治療や手術が可能な医療機関に相談してみてもよいでしょう。

関連記事として、

ワキガを自覚する方法は?症状や治療方法も紹介!

耳垢が湿ってるのはワキガ?原因や病気について

気になる脇汗の臭い。脇汗の対策と改善方法!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする