美人になりたい!外見と内面の磨き方を知って美しくなろう!

「美人になりたい」と思うことは、未来永劫女性の願望かもしれません。ブスより美人の方が見ている人も、気持ちが良いでしょう。彼氏もブスより美人の方が、良いに決まっていますよね。

しかしどうでしょう?美人ばかりが世の中にあふれてしまったら、美人になりたいと思っていた、女性たちは満足するでしょうか?

何時の時代からか見た目を重視するようになって、見た目の美しい女性は、昔に比べとても沢山増えてきている様に思われます。それは化粧の仕方で、魅力的な大人に変身できるからでしょう。

「美人になりたい」女性の思いについて、色々な角度から見てみました。

スポンサーリンク

美人について

美人

美人の定義は男女で違いがあります。

  • 女性・・・美人は外見の美しさ顔やスタイル+内面の美しさ性格が加味されています。
  • 男性・・・外見の美しさだけで美人と決めています。

こうしてみると女性の方が、感覚が鋭いのかも知れませんね。男性は外見だけを美人と決めているようですが、「美しいものには棘がある」の諺のように、不用意に外見の美しさだけに触触ると、怪我をするという言い伝えがありますので、気を付けてくださいね。

美人とは

美人とは容貌の美しさを指す言葉で、個人の嗜好によって美人の基準は異なり、清潔感のある人を美人という人もいますし、妖艶(ようえん)な女性を美人という人もいます。

価値観が多様化した社会においては、個人の価値観でその基準は変化し、不特定多数の人々が、一致して美しいとみる女性を指すもので、美人は周りの時代や文化によって変化しています。

美人の歴史

日本の平安時代の美人は、きめ細やかで色白の肌で、ふっくらとした頬、長くしなやかな黒髪が美人の決め手でした。妖艶な女性が美人とされていました。すこしおたふくの状態が美人と定義されていたのでしょう。百人一首などの女性は、そのような女性が多いですね。

日本の戦国時代の女性の美人の目は、涼しい目いわゆる細長い切れの良い目が、美人とされていました。しかしヨーロッパでは大きな目を美人といわれていました。

江戸時代の美人はきめ細やかな色白の肌で、顔は細面で富士額、涼しい目元、鼻筋が通りおちょぼ口で、豊かな黒髪が美しいとされていました。

明治時代からは欧米の服装の洋装化の、ファッションが取り入れられて、欧米人に近い顔立ちを美人としています。

今日では美白や二重まぶたなど、美容整形の過度な依存や、健康を害する容姿の美醜が、女性の幸福度を左右して、美人になれば幸福であると思う女性が増えています。

今日本は戦国時代のヨーロッパの美人と、同じ感覚でいるのですが、日本は古来から目は一重まぶたの、涼しい目が美人とされてきた伝統をなくし、美人の定義もグローバル化の波に乗っているのでしょう。

美人の特徴

カナダのトルトン大学の研究によると、白人女性のみの対象ですが、両目の間隔や、目鼻と口の距離が顔全体に占める割合が、顔の長さの口と目の距離が36%時に、また顔の幅の46%の両目の間隔のときに、一番美しいと感じます。

美人の定義は地方や、国、年齢、時代により変化していきます。二重瞼が美人の定義だったのが多くの人が二重になって、昔の切れ長の涼しい目が美人とされる日が、来るかも分かりません。

美人の特徴

  1. 美人の特徴はバランスのとれた良い食事をしています
  2. 表情筋を鍛えて、表情豊かな女性になります。自然の笑顔は美人の条件です。
  3. 人目を意識して、正しい姿勢を意識します。
  4. 肌と髪の毛のヘアケアを怠りません。
  5. 自己主張をしつつも引き際をわきまえます。

それではブスについて少し見てみたいと思います。

ブスの語源

ブスの語源は毒草のトリカブトの、根から作られるブスという毒薬からきていて、このトリカブトの毒薬を、相手が誤って飲んでしまって、無表情になった顔から、このブスという名前が付きました。

無表情の状態の顔であれば、顔のパーツがいかに良くても、美人とはいいません。性格ブスはすっぴんブスよりも手に負えません。

無表情であれば美人とは言わないのです。ブスの特徴は

  1. 笑わない、泣かない、怒らない無表情の顔です。
  2. 感謝や謝罪を口にしない子は愛想の無い子です。
  3. 荒っぽい態度の人はブスの象徴です。
  4. アク感情を抱えている女性です。
  5. 下品でブスだと気が付いていない女性です。

人前で化粧をすることを何とも思わない人は、ブスの類に入るのではないでしょうか?一時期よく電車の中で化粧をしている、女性を見かける事がありました。

同姓としても余り感じの良いものではありませんでした。しかし美しくなる為、彼女らは人前で化粧をすることを何とも感じない、幾ら外見が美しく見えるようになっても、全く美しく見えないのは私だけでしょうか?

美人が受ける恩恵

現代は美人だと何が良いのかといいますと、異性や同僚にもてて、生涯賃金も1億円ものお金の差があるそうで、美人は日常的に恩恵を受けています。

彼氏も不自由なくでき、心地よい気分を味わうことができ、相手との距離も小さく、まわりも美人と認め人気があるために、自分自身のメイクの仕方にも、一番自分が美しく見えるメイクの情報を手にして効果をだし、益々美人に拍車がかかってきます。

人は見た目が9割

人の第一印象は見た目が美しいと、9割信頼をおき美人へのあこがれは、陰でさまざまな努力を積み重ねている人が多いです。

人気アイドルにしてもでてきた初めは、それほど美人と思わない人でも、年々芸能界にいると美しくなり、また肌も綺麗になっていきます。

彼女らはそれが仕事で、人から見られているという想いは、人を綺麗にして美人を作り上げるのかもしれません。誰からも相手にされないで、見られていないと思うと、美人とは程遠くなります。

ですから美人になりたかったら、誰かから見られていると思って、動作やしぐさを一つ一つ丁寧にしていると、とても美しい美人になっていきます。

スポンサーリンク

美人になりたい・外見の美人

美容

目鼻立ちが整い、肌や髪が美しく、すっぴんの美人は一般的には、余り見られませんが、すっぴん風メイクが、現代は流行っています。

外見美人は腸内美人を目指す

美人になりたいと外見を一生懸命整えても、腸内環境が汚いと美人にはなれないのは、場内には食べ物を消化するだけでなく、体にとっての免疫力を高めたり有益な物質を作り出します。

腸内に100種類以上の細菌が棲んでいて、善玉菌は美しさの元のビタミンや、体の免疫力を高め、ウイルスや毒素の侵入を防御して、感染を防いだり腸内を酸性に保って排便を促してくれます。

健康でなければ美人になれないのは、肌が荒れてくすんだ原因は腸内環境にあります。透明感のある肌は、腸内が便秘知らず下痢知らずなら、お肌も透き通るようにきれいなはずです。

外見美人のすっぴん風メイク

すっぴん風メイクは土台のお肌が必要です。透明感、素肌、血色の良さが重要で、ローションパックや美容液でお肌の調子を整えます。

化粧下地にパール入りのものを使用し、光の反射でクマやくすみを目立たなくして、粉っぽくならない、すっぴんパウダーを塗ると良いでしょう。

すっぴんメイクはナチュラルメイクのことで、ナチュラルメイクを目指すには、眉毛がきちんと整っているのが基本です。優しい印象を与えるため、細くなりすぎず太めの眉が必要です。

ナチュラルメイク方法

ナチュラルメイク方法は、まず眉を整える事が第一ポイントです。そして素肌が透き通るように血色の良さが重要で、顔の産毛を処理します。

そしてすっぴん状態のメイクを仕上げるには、メイク前に保湿して肌を整えることが必要です。しっかり保湿することは、メイクを長持ちさせ乾燥による、カサカサを防いでくれます。

ベースメークはその日の体調に合わせて行います。

外見美人と顔のバランス

美人には顔のバランスの、正面からの美の法則と呼ばれるゴールデンプロポーションが存在しています。

これは正面から見た顔が

  • 1:16の比率・・・黒目から鼻の頭、鼻の頭からアゴまでの長さです。
  • 1:16の比率・・・鼻の頭から口、口から顎までの長さです。

また横顔の美の法則はEライン(エスティックライン)の上かやや内側に唇があるのが美しいとされています。Eラインとは鼻と顎を横から見て真直ぐに引いた線です。

笑顔の美のバランスについては、微笑んだ時に口角が左右対称に上がるのが、スマイルラインとなっています。

外見美人の特徴

★外見美人のすっぴん美人の特徴は透き通る肌です。スキンケアの方法としては、透明肌になるのに紫外線対策、腸内環境を整える、肌をこすらない、保湿が必要です。

保湿のポイントはセラミドです。セラミドはスポンジのように、水分を抱え込んでくれる働きがあり、お肌の角質の細胞と細胞の間にあります。

また外見美人は美白、美肌が決定的な要素で、ターンオーバーを内側からケアすることで、透明感のある肌に生まれ変わるのです。

スキンケア方法

加齢になるとお肌が乾燥しやすくなるのは、このセラミドが減少したり、水分が減少するためです。

1.セラミドの減少を防ぐには、紫外線対策必要です。紫外線やストレス、体の冷えなどからターンオーバー乱れる事で減少します。

セラミドはお肌が生まれる過程のターンオーバーにより夜寝ている間に作られます。

2.肌はこする事でセラミドが減少し、ごしごし肌を洗ったり、洗顔やクレンジングでセラミドが溶けだして落ちてしまいます。肌の擦りすぎ洗いすぎない事が大切です。

★外見美人はモデルのようなスリムでスタイルが良く、背が高く足の長い印象があります。

★外見美人のポイントは、Eラインの横顔が整っている人です。横顔は美容整形しないと治すことができません。

ですから女優さんなどは、美容整形される方が多いですね。美人が無意識のうちに、オーラーを出しているのは、女性ホルモンによるものです。

男性心理学

男性心理学によると男性が良い匂いと感じた女性は、そうでない女性と比べると、3倍も綺麗に見えるそうです。

芸能人は歯が命といわれるように、歯が綺麗な人の印象は唇も綺麗な印象があります。唇は人と会話をしている時に目と唇に向かいます。唇、歯の綺麗な人は美人に見えます。

小顔

外見の美人だけでは本当の美人といえないところがあります。雰囲気美人という言葉もあるように、外見はいまいちでも雰囲気が美人な人もいますね。

雰囲気美人とはどの様な人かといいますと、小顔が美人の現代のポイントかも知れません。小顔になる為に以前美顔ローラーをコロコロやっても、フェイスラインが小さくならないと嘆いていた人は沢山おります。

ポイントは美白と輪郭のたるみを引き締める事です。ですから美顔ローラーだけでコロコロやっても、小顔にはならないのです。

外見の美人は芸能界の芸能人や女優でなくても、現在では素人の方で美人の人は町でも見かけます。女優のお仕事は人から見られているという意識が働き、女性ホルモンの分泌も激しくなるからかも知れませんが、一年一年綺麗になっていきますね。

素人の人はその反対で、生活に疲れたりすると、年々外見の美人から遠のいていきますが、現在は結構結婚して子供ができても、美人の人は多いですね。

全体のファッション

顔の手入れができたら今度はスタイルです。ブクブクに太っていては美人とはいえません。ですから健康的なダイエットが必要となります。

そしてマッサージやエクササイズを毎日やる事で、細くしたいところは細くして、太めのところは太くする全体のバランスが必要となります。

そしてファッションは自分の雰囲気に合った、ファッションをするのが一番美しく見えます。流行だからといって自分の雰囲気と、違ったファッションをしていると、美しさが半減します。ファッションは流行を少し取り入れ、自分にあった雰囲気のファッションを、することが大切です。

スポンサーリンク

美人になりたい・内面美人

笑顔

内面からにじみ出る性格の良さや強さがある、心穏やかに優しい気持ちで、いつも感謝の念を忘れずに生活していると、とても良い顔になっていきます。

「男は40歳になったら自分の顔に、責任を持て」と言われますが、容姿までの異常な執着心と競争心が強すぎる女性は、妬み心が強く他人への接し方も、トゲトゲしい態度になります。

毎日の小さな行動の積み重ねが、性格美人の第一歩で、自分の内面磨きを、他人をうらやむエネルギーに変えて、価値観を豊かにすることです。

人にものを渡す時や、立ち上がったり振りむいたりする、一つ一つの動作に気持ちを込めて意識をすると、とても優雅になり周りを心地よい気分させ、魅力ある女性に成長するでしょう。

性格美人はその人の人生において、さとりを開いたような考え方のできる人で、表情は印象を左右しています。ですから感謝の言葉を態度に伝えたり、笑顔を見せてくれると、人は自然に心地よい気分になれます。

性格美人を目指すには、偏った自己愛ではなく、自分自身を認めて大切にして、周りにも感謝し、さとり世代のような考えでいると、自然に誰からも愛される人になるでしょう。

スポンサーリンク

美人になりたい総括

portrait-1319951_960_7204美しい顔

美人になりたい人は、やはり可なりの努力が必要かもしれません。もうすでに生まれた時から美人の人は、余り努力しなくても良いかも知れません。しかし美人をキープするには、さまざまなことに取り組まなければいけません。

美人になるため努力して自信をつけることは、決して悪い事ではありません。しかし美人がこの世にあふれてしまった時は、美人は美人でなくなるようにも思われます。

昔から比べても外見的な美人は多くなりました。性格的な美人は減ったような気がしますが外見的な美人が多くなると、美人があたり前に感じられ、美しく感じられなくなります。

ブスより美人の方が良いに決まっています。綺麗な花より汚い枯れかけた、花の方が美しいと誰も思わないでしょう。

しかし外見的な美人だけを目指しても、性格的にブスであればその関係は、魅力的に見えるのは一時的で、すぐに飽きられることだと考えます。

人間やっぱり中身が一番大切なように思いますし、容姿の異常な執着と、競争心の強い女性は何か軽い人間のように、思えてくるのは私だけでしょうか?

美人が色々な知識を備え、さまざまな世界情勢や、社会情勢に詳しい人であれば、美人の価値はとてもアップすると思いますが、外見だけが美人でも、話をしたら話の幅が狭く、人の悪口ばかりだったという人には、魅力が半減するように思われます。

スポンサーリンク

まとめ

美人になりたいを見てきましたが、人それぞれ美人としての捉え方は、違いがあると思います。年齢を重ねた大人が外見は美人でも、中身がそれに伴っていなかったら、私自身美人にはなりたくないですね。

性格美人にはなりたいですが、何時も顔やファッションの事ばかり気にして、中身のない人にはやはり魅力が半減します。

美人になりたいと思う人は、外見を整えることも大切ですが、性格美人になって色々な情勢についても、深みのあるお話ができる人になって、はじめて美人といえるのではないでしょうか?

関連記事として

綺麗になるにはどうすればいい?生活習慣の改善やスキンケア、内面の磨き方を知ろう!

垂れた胸を戻す方法は?バストアップの方法や手術をする場合の費用を知ろう!

かっこいい女性になる方法は?特徴や性格、外見や職業などを知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする