胎動ってどんな感じ?初めての胎動を感じるのはいつ?

赤ちゃんがおなかの中で元気でいてくれていることが分かる「胎動」。赤ちゃんが大きくなるにつれ、胎動もどんどん力強くなり、おなかの表面が波打つほど、はっきりとした動きを見せてくれます。

そうなると、ママも明らかにおなかの中の赤ちゃんの動きを感じることができますが、まだ、体も小さいうちは胎動を感じるのも気づかないくらいです。

胎動は、赤ちゃんがママのおなかの中で生きている証でもあり、コミニュケーションをはかるためのツールにもなります。

お腹の中での動きを感じると、愛おしさもひとしおですね。ここでは胎動っていつから始まるのか、どんな風に感じるのか、また、胎動でできるコミニュケーションなど、胎動に関する様々なことを体験談を交えながらご紹介します。

スポンサーリンク

初めての胎動はどんな感じ?

妊娠中期に入る頃、そろそろ赤ちゃんの動きを感じることができるかしら・・・と、ママは毎日ドキドキ、ワクワクなことと思います。

赤ちゃんは妊娠8週目あたりからママのおなかの中で元気いっぱい動き回っているのですが、まだ小さすぎて胎動として感じることはできません。

ママが胎動を感じ始める5ヶ月頃からです。この頃の赤ちゃんは身長約23~25センチ、体重約250~280グラム程度とまだまだ小さいのですが、タイミングがよければ赤ちゃんの動きを感じることができます。

胎動を感じるのはいつごろ?

aka17

始めて胎動を感じるタイミングは個人差がありますが、妊娠5ヶ月頃からです。ほとんどのママが6ヶ月までには感じるようになります。

お腹周りの脂肪の厚さの関係で、ふくよかなママより、痩せているママの方が胎動を早く感じるようです。

また、初めての妊婦さんよりも、過去に妊娠・出産経験のあるママの方が感じやすいと言われています。

早いママでは妊娠4か月で感じるようですが、これには、個人差があるのであまり神経質にならずリラックスして過ごしましょう。

初めての胎動は、おなかのどの辺りで感じるの?

妊娠五ヶ月

胎動はお腹の中での赤ちゃんの動きなので、子宮のある位置でとなります。

この頃になると、産院での妊婦検診時に子宮底長(恥骨から子宮の頂点の長さ)を計測します。その位置が子宮がある位置となりますね。

始めて胎動を感じるのは、おへその下あたりや、下腹部と言うママが多いようです。

初めての胎動はどんな風に感じるの?

ベビーカー

妊娠5ヶ月ごろはサイズ的にまだまだ、とっても小さな赤ちゃん。ママのお腹の中で元気いっぱいに動いていても、その動きはまだ、ダイレクトには伝わってはきにくいようです。

はっきりと、蹴ったとか、パンチしたとか、しゃっくりしていると感じるのはもう少し先になります。

はじめての胎動は、クルクルと腸が動く感じや、ポコポコと泡が立つ感じと感じる方が多いようです。初めての胎動はなかなか断定しにくいものです、妊娠5ヶ月頃になったらゆったりと座り、おなかに手をあてて、リラックスした時間を作ってみましょう。

一度感じたら 毎日感じるの?

初めての妊娠だと、胎動か、腸の動きかよく分からないと思います。「これが、胎動かな?」と思っても、実際には胃腸の動きだったりすることもあります。

また、まだ赤ちゃんも小さく、子宮内にもスペースがあるため、元気いっぱいに動いてもいても、胎動として伝わってこないこともあります。

胎動をはっきりと感じるような月齢になると、毎日、はっきりと動いていることを感じることができますし、それが、赤ちゃんが元気でいることのサインとなります。

しかし、胎動を感じ始める頃は、先に述べたような、クルクルと腸が動く感じや、ポコポコと泡が立つ感じなので、ママがゆったりと、静かに過ごしている時にしか感じることができません。このようなことから、毎日、元気いっぱい動いてはいても、感じないこともあるようです。

初めての胎動 体験談

私が初めての胎動を感じたのは妊娠5ヶ月のはじめでした。

ソファーに、じーっと腰掛けている時におへそから3センチ下辺りで、何かがクルンと回る感じのような、コロンとひっくり返るような感じがしました。

はじめは、これが胎動なの?と思いましたが、明らかにこれまでに感じたこのないような感覚でした。

一度、感じると、また同じような感覚がないかと思い、ソファーにゆっくりと過ごす時間を増やし、おなかに集中してみました。

すると、明らかに胃腸の動きとは違う感覚を感じることが増え、これが胎動なんだなと認識するようになりました。

3人出産経験がありますが,どの妊娠でも胎動を感じるのが他のママよりも早かったです。これには身長171センチ 体重45キロのやせ型の体型が関係していたようにも思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんはおなかの中でどんな動きをしているの?

embryo-159690__180

赤ちゃんはお腹の中で、くるくる回ったり、手足を大きく伸ばしたり、キックししたり、パンチしたり、寝返りを打つように体の向きを変えたりします。

まだ、子宮の中のスペースがあり胎動をしっかりと感じない頃はそのひとつ、ひとつを感じ取ることはできませんが、妊娠後期になる頃には、はっきりとその動きを感じることができます。

一定の感覚で、おなかがピクピクするときは、赤ちゃんがしゃっくりしていることもあります。おなかに手を当てて、赤ちゃんを感じてみてください。

妊娠8ヶ月の頃には、赤ちゃんが力強く動くと、「ここが足だな・・・、これは手だな・・・」と分かるようになります。

よく、右側が動くとか、左側が動くとか感じることがあると思います。赤ちゃんは手足をよく動かすので右を向いているときはママの右側が、左を向いている時にはママの左側に動きを感じやすくなります。

ママのお腹の左右に手の平全体を添えてお腹を包んでみましょう。左右交互に優しく力を入れてみると、左右のどちらかの手のひらに、ぴたっと吸い付くような感じがあります。そちら側が赤ちゃんの背中です。

スポンサーリンク

キックゲームってなに?

31

赤ちゃんの胎動をしっかりと感じられようになったら、キックゲームなどで赤ちゃんとコミニュケーションをはかって遊びましょう。

始めは、赤ちゃんがキックしたところ、ママが「キック」などと声をかけながら、優しく手でポンと叩きます。赤ちゃんがキックしてきたら、もう一度同じようにします。これを繰り返しているうちに、赤ちゃんがこれを遊びだと認識し、ママの答えに、元気に返してくれるようになります。

慣れてくると、赤ちゃんの動きを感じたところとは、違うところをママが手で叩くと、その位置あたりで赤ちゃんが動いて答えてくれたりします。

大切なことは、赤ちゃんはすでに、ママやパパの声を分かります。必ず、声をかけてあげながらやってみましょう。そして、うまくできたらいっぱい褒めてあげましょうね。

スポンサーリンク

まとめ

妊婦リボン

妊娠初期の辛いつわりが終わる頃、赤ちゃんの胎動を感じるようになります。

はじめは、赤ちゃんの力も弱く、わかりにくいとは思います。しかし、月齢が進むと、赤ちゃんが大きくなり、子宮内のスペースも狭くなることから、赤ちゃんの動きをダイレクトに感じるようになります。

そうなると、ママだけでなくパパや、他のご家族もママのおなかに手を当てて、赤ちゃんを感じるようになります。こうなると、赤ちゃんの可愛さもどんどん増していきますね。

胎動をダイレクトに感じられるのは、おなかの中で育てるママの特権です。

プレママ期間中も大変なこともたくさんあるとは思いますが、こうしてママだけが感じられる喜びを噛み締めながら楽しむことができれば嬉しいですね。

関連記事として、

妊娠五ヶ月のお腹の大きさは?差がでる原因について!

妊娠中期のお腹の張りの原因は?対処方法も紹介!

初産の予定日は遅れる?陣痛促進剤を使うのはどんな時?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする