男の眉毛の整え方を知ろう!手順や準備物、メリットを紹介!

眉毛のお手入れは、もはや女性にとっては当たり前の身だしなみの一つですよね。もちろん、オシャレに敏感な男性や見た目にこだわる男性ならば、すでに眉毛の形をキレイに整えて、洗練された印象を醸し出しているでしょう。

しかしながら、多くの男性にとっては、未だ当たり前の身だしなみとはなっていないのが現状ではないでしょうか?それゆえ、いざ眉毛のお手入れをしようとしても眉毛の整え方が分からなかったり、自己流で眉毛を整えようとして左右のバランスが悪くなったり、といった失敗をしてしまう人もいるようです。

そこで今回は、男性の眉毛の整え方について、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。

男性が眉毛を整えるメリット

man-2078375_960_720

そもそも男性が眉毛を整えることに、何かしらのメリットは存在するのでしょうか?

年齢層が高い世代の男性や男性比率の多い職場で働いている男性などにとっては、眉毛を整えることことにメリットを感じられず、ただ面倒なだけだという考えの方もいるかもしれません。

そこで、まずは男性が眉毛を整えるメリットについて、ご紹介したいと思います。

他人に与える印象を変えることができる

眉毛をキレイに整えることで得られる最大のメリットは、自分の顔が他人に与える印象やイメージを変えることができる点にあるでしょう。

例えば、女性が大学入学や社会人になる際に、東京・名古屋・大阪・福岡などの大都市圏に出ると、驚くほど短期間で洗練された印象・イメージに変わることがあります。これは女性がメイク技術を学ぶといった努力の一つとして、眉毛をカットするなどして自分に合った眉毛の形に整えていることも理由として挙げられます。

それほど眉毛カット・眉カットなどを通じて眉毛を整えることは、自分の顔が他人に与える印象・イメージを左右するのです。そもそも「目は口ほどに物を言う」という諺があるように、目と眉毛を併せた目元部分・目の周辺部分は、頭髪・耳・鼻・口・輪郭・顔の肌質といった顔のパーツ類の中で最も顔の印象・イメージを左右し決定づけると言っても過言ではないでしょう。

女性に好まれる顔に変えることができる

このように目と眉毛からなる目の周辺部分は、顔の印象・イメージを左右し決定づけることから、大袈裟に言えば顔の印象・イメージの80%以上を占めるとも言えます。

そして以前ならば、特にお手入れもしていない太くてボサボサの眉毛も男らしいと肯定的に捉えられていましたが、今や時代は変わりつつあり、男性の太眉・ボサ眉に対する女性の捉え方も徐々に変化していることを男性陣は認識すべきでしょう。

逆に言えば、男性の場合は女性ほどメイクの重要性はありませんから、眉毛さえキレイなモテ眉に整えられれば、女性受けする清潔感がありスッキリとした顔の印象・イメージを演出できると言えるのです。つまり、眉毛をキレイに整えることがイケメン度を上昇させるポイントであり、第一印象から女性に嫌われないためのポイントだと言えるのです。

男性が眉毛を整えるための準備

still-life-836825_960_720

それでは、実際に男性が眉毛を整えようとするためには、何から手をつければ良いのでしょうか?どうしても男性は女性に比べると美容を意識することが少ないですから、いざ眉毛のお手入れをしようと思い立っても、最初に何をすべきか迷ってしまう人が少なくありません。

そこで、男性が眉毛を整えるために最初にすべき準備について、ご紹介したいと思います。

眉毛カット専用の道具を揃える

男性が眉毛を整えるための準備の第一歩は、眉毛カット専用の手入れ道具を揃えることだと言えるでしょう。

既存の散髪用ハサミや櫛で代用できるのではないかと考える男性もいるかもしれませんが、眉毛の毛質は髪の毛よりも細く繊細なため、微妙な調節が利く眉用ハサミや眉用ブラシなどを使うべきです。しかも、毛量の多い髪の毛であれば多少の切りすぎも取り返しがつきますが、眉毛の切りすぎは前述のように顔の印象に直結することから取り返しがつきません。

ですから、まずは百円ショップやドラッグストアなどで、メンズ用の専用アイテムを揃えるところからはじめましょう。

眉用コーム・眉用ブラシ

眉用コームとは、英語のコーム(comb)が櫛(クシ)を意味しており、眉専用のクシのことです。散髪する際に櫛を用いて髪の毛の毛流れを揃えるように、眉用コームも眉毛の毛流れを揃えるために用います。また、眉毛をカットする際には、眉毛に眉用コームを当てて、コームから飛び出た眉毛をカットするなど、眉毛のカット量を調節するためにも用います。

眉用ブラシは、眉毛の毛流れを揃えたり、カットされた眉毛を取り除くためのものです。なかには、眉用コームと眉用ブラシが一体化したものもありますので、販売店で良く見て自分の使いやすそうなものを選びましょう。

ちなみに、眉用コームや眉用ブラシは、白色系の明るい色のものを選ぶと良いでしょう。というのも、眉毛をカットする際にコームを当てたときに、黒色系のものだと眉毛が見にくいからです。

眉用ハサミ(眉カットハサミ・眉ハサミ)

眉用ハサミは、微妙な調節ができるように非常に小さく作られたハサミで、刃先が細く曲がっているのが特徴です。

前述しましたが、眉毛の切り過ぎは顔の印象に直結して失敗すると取り返しがつきませんから、散髪用ハサミなどで代用せずに眉用ハサミを利用するようにしましょう。

毛抜き

毛抜きは、その名の通りムダ毛を毛根から抜いて処理する道具です。眉毛のムダ毛は基本的に剃るか抜くかのいずれかになりますが、毛抜きでの眉毛のムダ毛処理は毛根から抜くことにより、次に毛が生えてくるまでの期間が空き処理回数を少なくすることができます。

ちなみに、他の道具については安価なものでも問題ありませんが、毛抜きに関しては少し価格が高くても良い物を購入することを、おすすめします。というのも、安価な毛抜きはムダ毛をつまむ先端部の精度が低く、ムダ毛を掴みにくいからです。

眉用カミソリ(顔用カミソリ)

眉用カミソリとは、顔の産毛を剃るためのI字型のカミソリのことです。

髭剃り用のT字カミソリ、T字カミソリをコンパクトにした小型のT字カミソリの方が、男性にとっては使い勝手が良さそうに見えるかもしれません。

しかしながら、T字カミソリは剃り過ぎの危険性が高いため、眉毛のお手入れには向いていません。ですから、I字型の顔用カミソリ・眉用カミソリを用意するようにしましょう。

眉用シェーバー(フェイスシェーバー)

眉用シェーバーは、眉毛を整えることに特化したシェーバーで、いわば眉毛専用バリカンといったほうが分かりやすいかもしれません。バリカンのように、刃先の長さの調整をすることで眉毛を好みの長さに刈り揃えることが手軽にできます。

前述の4点(眉用コーム・ブラシ、眉用ハサミ、毛抜き、眉用カミソリ)があれば問題ありませんが、眉用シェーバーがあると時短できたり、より手軽に眉毛を整えることができます。

眉毛の基礎知識を覚える

眉毛カット専用の道具を買い揃えたら、眉毛に関する基礎知識をインプットしましょう。本記事をご覧の方は、おそらく他のサイトや動画などもご覧になるでしょう。

そこでは、専門用語とまではいきませんが、眉毛カット初心者の男性には初耳の言葉も登場してきます。そのため、それらを理解するには、ある程度の基礎知識を仕入れておく必要があるのです。

眉毛の位置に関する名称

眉毛カットにおいては、意識すべき眉毛における三つの場所・位置があります。それが、眉頭・眉山・眉尻です。

眉頭

眉頭は眉毛の最も内側に位置し、顔の中心部で鼻の付け根に接する部分のことです。言い換えると、眉頭は目頭の真上に位置して、眉毛の起点となる位置のことです。

眉尻

眉尻は眉毛の最も外側に位置し、顔の外側でこめかみの近くの位置のことです。言い換えると、眉尻は目尻の上方に位置して、眉毛の終点となる位置のことです。

眉山

眉山は、眉頭の眉尻の間にあって、眉毛を山に例えると山の頂点の位置に当たるのが眉山です。

眉毛のゴールデンバランス

眉毛を整える際には、眉毛の横の長さを常に意識する必要があります。そして、顔の中における眉毛の横の長さが最も理想的なバランスとされるのが、ゴールデンバランス(黄金バランス)です。

ゴールデンバランスは男女の別なく共通で、眉頭・眉山・眉尻を次のよう位置なるように意識しましょう。

  • 眉頭:小鼻と目頭を結んだ線の延長線上に眉頭部分がくるようにします。
  • 眉山:目線が正面の時に、外側の白目の幅の上方に眉山部分がくるようにします。
  • 眉尻:小鼻と目尻を結んだ線の延長線上に眉尻部分がくるようにします。

目指すべき眉毛の形を決定する

young-people-412048_960_720

眉毛を整えるための準備ができたら、実際の眉毛カットに進む前に、自分が目指すべき眉毛の形・デザインを決定しなければなりません。

そこで、主要な眉毛の形・デザインについて、ご紹介したいと思います。

ナチュラル眉

最も基本的かつバランスが良いとされ、ほとんどの人に似あうのがナチュラル眉です。ナチュラル眉は、前述のゴールデンバランスを強く意識して、多くの人が持っている眉本来の形を活かす眉毛の形です。

ナチュラル眉で、やや薄い眉毛にすると、爽やかさ・若さを演出することができます。

太眉

もともと眉毛の毛量が多く眉毛が濃い人などは、太眉を検討してみても良いかもしれません。太眉は、眉毛の毛量や濃さを活かす眉毛の形です。

太眉は、他人に対する目の印象を強く際立たせる効果があり、男らしさ・ワイルドさを演出することができます。

細眉

細眉は、多くの人が持っている眉本来の形から、やや細めに整えた眉毛の形です。細眉は、どうしても少しキツめの印象をもたらすほか、細くなりすぎると粗暴でヤンチャな印象となる場合もあります。

一方で、細眉でも適度な細さで「へ」の字を描くような形にすると、洗練された都会的な感じを演出することも可能です。

平行眉(並行眉)

平行眉は、眉山や眉尻に角度をもたせずに、目のラインと眉毛が平行(並行)に並ぶような眉毛の形です。平行眉は、周りの人に対して非常にソフトで優しげな印象を与えます。

一方で、眉毛が細くなると弱々しく女性的なイメージになってしまいますので、ある程度の眉毛のボリュームを必要とします。

上がり眉

上がり眉は、眉山や眉尻に角度をもたせずに、眉頭から眉尻にかけてストレート気味に少し上向いた眉毛の形です。

上がり眉は、周りの人に男性的な印象を与えると同時に、スタイリッシュ・クールなイメージも演出できますので、近年人気となっている眉のタイプでもあります。

下がり眉(下降眉)

下がり眉は、眉尻にかけて下がり気味となる眉毛の形です。

下がり眉は、平行眉と同様にソフトで優しげな印象を与える一方で、中年から高齢者になると自然と眉尻が垂れて下がり眉になる傾向があるので、実年齢より少し老けた印象となる可能性もあります。

眉テンプレートを利用する

このように様々なタイプの眉毛デザインがありますが、自分で上手く望み通りに眉毛の形を整えられるか不安な人もいるかもしれません。

そんな場合には、眉テンプレートという理想的な眉毛の形を型抜きしたアイテムが市販されていますので、興味のある方はインターネットで検索してみてください。このアイテムがあれば、自分の望み通りの眉毛の形に、簡単に整えることができるようになります。

眉毛カットの具体的な方法・手順

hairdresser-1555599_960_720

それでは、自分が目指すべき眉毛の形を決定した後は、どのように眉毛カットを進めていくのでしょうか?

眉毛カット初心者の男性が、おそらく最も知りたい情報がこちらでしょう。そこで、眉毛カットの具体的な方法・手順について、ご紹介したいと思います。

処理すべき眉毛のムダ毛を確認

まずは、鏡を見ながら処理すべき眉毛のムダ毛を確認します。処理すべき眉毛のムダ毛となるのは、次の部分に生えている毛で、自分が目指すべき眉形からハミ出ている毛です。

  • 眉上と眉下という眉毛の上下
  • 眉毛と眉毛の間の眉間(みけん)
  • 眉尻周辺

眉用コーム・眉用ブラシで眉毛を整える

処理すべき眉毛のムダ毛を確認したら、次は眉用コーム・眉用ブラシで眉毛の毛流れを整えます。ボサボサ眉の場合は、意外と眉毛のそれぞれの毛が様々な方向を向いていますので、それらを同じ方向へと流れるように揃えましょう。

このように眉用コーム・眉用ブラシで毛流れを整えることが、切り損じ・切り過ぎを防ぐことにつながりますので、とても大切なステップです。

処理すべき眉毛のムダ毛を処理する

最初に確認した処理すべき眉毛のムダ毛を、いよいよ処理していきます。

基本的に、眉上のムダ毛はI字型のカミソリで眉毛の形を整えるように剃っていき、眉下のムダ毛は毛抜きで1本1本抜いていくと良いでしょう。眉間のムダ毛については、I字型のカミソリと毛抜きのいずれか使いやすいほうで処理しましょう。このムダ毛の処理を終えた段階で、ある程度の眉毛の形が自分の目指す形になっているかを確認します。

ちなみに、最初から神経質にならず目立つムダ毛のみを処理して、むしろ産毛(うぶ毛)は適度に残しておいて構いません。というのも、眉毛の周りの産毛まで完璧に処理してしまうと、逆に不自然感が生じてしまうからです。

眉毛をカットする

処理すべき眉毛のムダ毛を、それぞれ処理した後は、眉用コームを眉毛に当ててコームから飛び出た長く余分な毛を、眉用ハサミでカットします。カットする際は、必ず眉用コームを当てて丁寧に少しずつカットすることで、切り過ぎをしないように注意します。

眉用コームを強めに押し当てると眉毛を短め・薄めにカットすることになり、眉用コームを軽めに押し当てると眉毛を長め・濃いめに残すことができます。

最後に、もう一度確認する

最後に、もう一度全体に眉用ブラシを当てて毛流れを整え、左右のバランスやハミ出た毛がないか確認します。もしハミ出た眉毛があれば、I字型のカミソリや毛抜きで処理しましょう。最終的な仕上げとして、眉用ブラシで眉毛の切り屑を掃き落とし、毛流れを整えると完了です。

ちなみに、もともと眉毛が薄めの人はナチュラル眉に整えて、アイブロー・眉ペンシルで眉を書き足してみることも検討すると良いかもしれません。

どうしても眉毛カットが面倒ならば

どうしても眉毛カットが面倒だったり、生来の不器用さで眉毛カットを自分で行う自信が無い人は、料金はかかりますがプロに任せてしまうことも可能です。

最近は、メンズ眉サロンといった男性の眉毛カットを専門とするお店もありますし、美容院でもメンズ眉カットのサービスを提供するところもあります。

まとめ

いかがでしたか?男性の眉毛の整え方について、ご理解いただけたでしょうか?

たしかに、多くの男性にとっては、眉毛カットをすることが未だ当たり前という状況にはなっていません。そのため、いざ眉毛のお手入れをしようとしても眉毛の整え方が分からなかったり、自己流お手入れで失敗をしてしまう人もいるようです。

しかしながら、近年オシャレに敏感な男性や見た目にこだわる男性の間では、すでに眉毛の形をキレイに整えることが浸透しはじめています。そして、眉毛のお手入れ用に最低限必要な道具を用意して、簡単なポイントを押さえるだけで案外簡単に眉毛カットができるのです。少しでも興味を持たれた男性は、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事として、

眉毛を抜くのは危険?正しい処理方法を紹介!

眉毛を生やす方法を紹介!早く増やすにはどうする?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする