四白眼とは?性格や運勢を知ろう!原因と治し方は?

「四白眼」は「三白眼」と同じように白い部分が多い目です。ちょっと怖い感じの目になるので、四白眼・三白眼で悩む女性が少なくありません。人相学では凶相とされ、災難を招く不吉な目と言われます。しかし、実は金運などに恵まれる強運の相という説もあります。

四白眼も三白眼も、メイク方法やカラーコンタクト(カラコン)で美しい魅力的な目に変えることができます。芸能人の中には、三白眼や四白眼を魅力にしている人もいます。

四白眼・三白眼の人の性格・運勢・美しい目に変える方法について、お伝えしますね。

四白眼の人とは?

beauty-1692849_960_720美しい目

「四白眼(しはくがん)」とは、白の部分が多くて黒目(瞳・虹彩)が比較的小さい目です。ギョロリとして怖そうな感じです。眼相・顔相では犯罪者に多い目で、変態性や残忍性が強い可能性があります。

生まれつき四白眼・三白眼の人もいますが、成長するにつれて眼が大きくなり三白眼や四白眼になることが多いようです。

普通の眼は、上まぶたと下まぶたの間に黒目(虹彩・瞳)が挟まったように見える状態で、白目は黒目の左右にあります。「黒目がちの眼」は、虹彩(瞳)が大きくて白の部分があまり見えない状態です。

[四白眼とはどんな目?]

「四白眼」とは黒目の周囲(四方)に白の部分が見えている目です。瞳(黒目)が白目の真ん中にあり、上下左右を白目に囲まれています。目を見開いたような感じで、ギョロリとした怖い印象になります。しかし、目力があります。クリクリした可愛い目に見える可能性もあります。

四白眼の人は目が大きいので、笑ったり目を細めたりすると白目の部分が隠れてとても美人に見えます。モデルのアリソン・ハーバードは四白眼で有名です。細い目の人は、四白眼に憧れることがあります。

三白眼とは?

三白眼も四白眼と同様に凶相と言われます。三白眼には上三白眼と下三白眼があります。

下三白眼

黒目(瞳)が上にあり、黒目の下に白い部分が見えます。「睨んでいるようで怖い」感じもありますが、むしろ目全体が大きくて魅力的に見える人が多いようです。

オードリー・ヘップバーン、ミラ・ジヨヴィッチ、ローラ、ダイアナ妃などは、三白眼が魅力的な有名人です。下三白眼はカリスマ的な魅力があるので、美容整形で「下三白眼」に施術する女性が少なくありません。

上三白眼

黒目が下にあり、黒目の上に白い部分が見えます。びっくりしたような目です。ギョロリとして、相手に威圧感を与えます。

美容整形手術で四白眼になることも

生まれつきや成長する過程で四白眼になる人が多いのですが、美容整形手術で四白眼になる可能性もあります。眼頭の切開や二重まぶたの幅を広げたりすると、自分の虹彩(黒目)以上に目が大きくなり四白眼になってしまうことがあります。

[四白眼を魅力的に見せる方法]

四白眼の人は目が大きいので、メイク方法や視線の向け方によって魅力的な美人になれます。

①アイメイクを軽くして、クールな感じに仕上げる

四白眼・三白眼の人は目つきが鋭く見えるので、クールなメイクがよく似合います。アイメイクは軽くします。アイラインを濃くすると、ますます目つきが鋭くきつくなります。アイラインは自然な感で切れ長にして、マスカラでまつ毛を長くします。長いまつ毛は目を優しく見せます。眉毛はキリリと整えます。

垂れ目や可愛い系のメイクはNG

甘い感じの垂れ目メイクや可愛い系メイクは、四白眼・三白眼には似合いません。

②鼻筋を通して、鼻を高く見せる

クールな印象に仕上げるために、鼻筋を通して鼻を高く見せます。スッキリした鼻が三白眼・四白眼によく似合います。シェービングやハイライトを上手に使って、鼻をスッキリ高く見せます。

③四白眼を下三白眼に見せる

四白眼の女性は視線の向け方や目の動きを工夫すると、クールな魅力の美人になります。うわ目遣いをして、黒目(虹彩)を上まぶたにつけるようにします。すると、下三白眼と同じになります。目が大きいので三白眼の人よりもカリスマ的な魅力が増します。

大きな目を活用し、美しい笑顔を絶やさないようにします。四白眼が欠点ではなく、強い魅力になります。

④カラーコンタクトを利用する

四白眼の人はカラコン(カラーコンタクト)を利用して、四白眼を目立たなくすることができます。着色直径の大きいカラコンがオススメです。自分の虹彩(黒目)より着色直径が大きくないと、効果がありません。

カラコンは眼病に要注意

カラコンは眼病を発症するリスクが高いようです。1日使い捨て(ワンデータイプ)のコンタクトレンズにすると、眼病リスクは下がります。2週間・1ヶ月タイプのコンタクトレンズは眼病になる確率が高くなります。

コンタクトレンズを使用する時は、定期的に眼科医の診察を受けるようにします。

[形成外科の手術]

三白眼や四白眼は、たいていメイク方法やカラコンで魅力的に見せることができますが、形成外科の手術が必要な場合もあります。

三白眼の治療法

三白眼を形成外科手術で治療する場合は、上三白眼と下三白眼では治療法がことなります。

①上三白眼または「兎眼」の治療

「兎眼」は、目を閉じた時に上のまぶたが下りない病気です。脳梗塞や脳腫瘍などによる顔面神経の麻痺が原因で発症します。眼の表面が乾燥して「角膜混濁」や「角膜潰瘍」が生じる可能性があります。兎眼になると、開眼時に上まぶたが上がりすぎて上三白眼になります。

上三白眼や兎眼は、上のまぶたを下げる手術つまり「眼瞼挙筋延長術」「兎眼修正術」を行います。

②下三白眼の治療

下三白眼は下まぶたが下がっているので、「下眼瞼切開術」という形成手術で下まぶたを上に引き上げます。

四白眼の治療法

四白眼の治療は、上のまぶたを引き下げるとともに下のまぶたを引き上げる手術を行います。つまり、上下三白眼を治療する手術が両方とも必要になります。

眼瞼下垂が原因の三白眼・四白眼

片方の眼に「眼瞼下垂」が起こると、反対側の眼が三白眼や四白眼になる可能性があります。三白眼・四白眼の原因がもう片方の目の眼瞼下垂であれば、眼瞼下垂根治手術を行って治療します。

眼瞼下垂

「眼瞼下垂」は上のまぶたが垂れ下がってきて、目を開けるのが困難になり見えにくくなる病気です。まぶたを開ける眼瞼挙筋という筋肉や眼瞼挙筋を動かす動眼神経に異常があると、まぶたが上がらず目が開きにくくなります。眼瞼下垂は、加齢・眼科手術・脳梗塞・脳腫瘍・コンタクトレンズの長期間使用などで起こります。

四白眼・三白眼の人の性格と運勢

person-1178845_960_720美しい眼

四白眼や三白眼は人相学では凶相とされます。人相学は眼相や顔相など目に見えるものから現状を判断して、将来の開運に役立てます。相には、人相の他に手相・家相・地相・墓相などがあります。

「目は心の窓」と言います。眼の形にその人の性格や運勢が表れます。瞳(黒目・虹彩)は自分自身を、白目は自分を取り巻く環境を表すといいます。

[四白眼の人の性格的特徴と運勢]

四白眼は非常に珍しい眼相と言えます。四白眼のイメージは、「怖い・ギョロ目・いつも驚いている」です。「鬼の眼」といい、凶相の代表格です。変態的で残忍な犯罪者に多い眼相のようです。

しかし、徳川家康は四白眼の持ち主でした。徳川家康は三河の小大名でしたが織田信長の誠実な同盟者となり、豊臣秀吉にも容易に膝を屈せず辛抱を重ねました。秀吉の死後豊臣政権を倒し、250年以上続く太平の世を築き上げました。家康は強運・吉運の主と言えます。

つまり、四白眼には「良い四白眼」と「悪い四白眼」があるのです。

四白眼の人の性格の特徴

四白眼の人は異常なほど防衛本能が強く、神経質です。情緒不安定な傾向があり、感情的になりやすいようです。疑り深く、他人の言動を容易に信じません。行動する力があります。

良い四白眼

良い四白眼は、眼に光があって活き活きと輝いています。大変頭が良く、「頭がきれる人」と言われます。財運・金運がとても良く、一代で巨万の富を築く可能性があります。

徳川家康は、「良い四白眼」の持ち主だったのですね。不可能と思われた天下取りを決してあきらめず努力し続けた結果、真の天下人になることができました。

悪い四白眼

悪い四白眼は、眼がギラギラしているのに活気がありません。目が死んでいます。常軌を逸した内面世界を持ち、異常な変態性・残虐性があります。おどろおどろしい凶悪犯罪を犯す可能性があります。目が死んでいる四白眼に人間には要注意です。

[三白眼の人の性格的特徴と運勢]

三白眼のイメージは、「冷たい」「陰険」「悪人」です。三白眼は「蛇眼」ともいいます。

三白眼は闘争心に溢れた相です。金運・財運が大変強く、立身出世して一代で富を築くと言われます。三白眼にも「良い三白眼」と「悪い三白眼」があります。

三白眼の人の性格の特徴

自己防衛本能が強く、容易に他人を信用しません。疑り深く、他人に心を開きません。気が小さいのですが、危機的状況になると攻撃的になります。抜群の行動力があります。

良い三白眼

良い三白眼は、眼に光があって活き活きと輝いています。目力が強く、知的な目です。男も女も目に色気があります。

男性はクールで活気に満ち、危険な雰囲気を漂わせています。女性はセクシーでミステリアスな雰囲気があり、それが魅力となって男心を惹きつけます。

悪い三白眼

悪い三白眼は、眼がギラギラしているのに光がなく、死んだような目です。裏社会の人に多い目です。白目が異常にギラギラしている人は、金のためなら何でもします。死んだような三白眼は残忍な性格で、残虐な犯罪に走る可能性が高くなります。

[四白眼・三白眼になる原因]

前述したように病気が原因で四白眼・三白眼になる可能性があります。それとは別に、陰陽論と東洋医学から、四白眼・三白眼の原因を探ることができます。

東洋医学と陰陽論

漢方医学は、日本に伝来した中国医学を基にして日本独自に発展した伝統的な医学です。鍼・灸・按摩・指圧を含みます。「中医学」「東洋医学」ともいいます。

中国医学の根本理論は陰陽五行論(陰陽五行説)です。陰陽論は易の基本思想の1つです。全てのものに陰と陽があります。陰陽は正反対の性質で、互いに引き合い調和します。五行説は、「万物は全て木・火・土・金・水の5つの元素の性質を持つ」という考えです。宇宙は5つの元素が互いに影響し合って成り立っています。

人間の体に陰陽論をあてはめると、身体の細胞・組織・内臓は陰、エネルギーや生命力は陽になります。

東洋医学の腎

東洋医学の「腎」は西洋医学の「腎臓」と少し違います。「腎」は「精」を内蔵して、「生命力の根源である元気をもたらす」ものです。「精」は「気」「エネルギー」です。

腎には、腎陽と腎陰の2つのエネルギーがあります。腎陰は冷です。冷却・鎮静です。腎陽は熱です。高熱化・活性化です。熱は上昇して脳に入り、冷は下降して足に入ります。

腎陰が低下すると脳が加熱する

腎陰が低下すると、脳が加熱します。熱のあるところには血液が集まります。血液には陰毒と陽毒が含まれています。

陰毒を含む血液は脳の下部に集まり、陰過多になります。陽毒を含む血液は脳の上部に集まり、陽過多になります。

三白眼・四白眼と陰陽の毒

陰は下降し、陽は上昇します。陰毒と陽毒は脳で分かれ、眼に影響します。

下三白眼の原因は陰毒による陰過多

陰毒を含む血液が脳の下部に集まって陰過多になり、膨張します。眼球を後ろ下方から押し上げるので、下三白眼になります。

上三白眼の原因は陽毒による陽過多

陽毒を含む血液が脳の上部に集まって陽過多になり、膨張します。眼球を後ろ上方から押し下げるので、上三白眼になります。

四白眼の原因は陰過多と陽過多

陽毒も陰毒も多いと、陽過多と陰過多が同時に起こります。脳全体が膨張します。眼球が前方に押し出されて、四白眼になります。

[四白眼・三白眼の治し方]

腎・腎臓の働きを良くして、腎陰と腎陽のバランスを良くして中庸を保つようにすると、四白眼・三白眼が目立たなくなります。

腎・腎臓の働きを良くする方法

日常の生活習慣を改善し、食事に気をつけます。

  1. 良質な睡眠を十分に摂る
  2. 適度な運動を毎日の習慣にする
  3. 暴飲・暴食・過食をやめて、食事は腹八分目に食べる
  4. ストレスを溜めないようにする
  5. 強陰性・極陽性の飲食物を過剰摂取しない

陰性の強い食べ物と極陽性の飲食物

以下の飲食物を過剰摂取しないように気をつけます。適量を食べることは、むしろ健康に良いと言えます。過剰摂取が怖いのです。

陰性の強い飲食物

唐辛子・からし・コショウ・山椒・コーヒー・アルコール・ナッツやマヨネーズなど油の多い食品・天ぷらやフライやポテトチップスなど加熱した油を多く含む食品

極陽性の飲食物

牛・豚・鶏の肉

運命は自分の力で切り拓く

happiness-1866081_960_720深呼吸

人相によって、その人の運の強さがわかるといいます。金運・財運・不運・災難などが人相や手相に表れるといいます。人の運勢を知るのが「運命学」です。

運勢は決まったものではありません。将来起こる可能性のある吉や凶を知ることで、トラブルを避けて成功に導くこともできます。良好な人間関係を築くこともできます。運命は自分の力で切り拓くことができます。

[運命学とは?]

運命学は中国で発達しました。運命学のポイントは3つです。「命」「卜」「相」の3つから運命を解き明かします。

命とは?

「命」とは「宿命」です。その人の持って生まれた性質で、変えることができません。その人の生年月日つまり誕生日から宿命を割り出します。四柱推命や算命学の理論に基づいて判断します。

四柱推命では誕生した瞬間の4つの柱「年(年柱)」「月(月柱)」「日(日柱)」「時刻(時柱)」を基にして、個人の運命・未来・人間関係・才能を表すと考えます。この4つの柱を基にして「命式」が作られます。「四柱推命式と知識があれば、専門家でなくても運命を読み取ることができるかもしれない」と言う人もいます。

卜とは?

「卜(ぼく)」は「卜占(ぼくせん)・占い」です。現状から将来起こる可能性のある吉や凶のハプニングを予想する技術です。

中国では、易経の理論と陰陽論が結びついて易占として発達しました。日本では中国から伝来した易占と陰陽五行説が結びつき陰陽道として法制化されました。西洋では星占いつまり占星術が重要視されます。占星術は天体の運行に基づく占いです。ヨーロッパで盛んですが、占星術の発祥は古代バビロニア・ペルシア・インド・中国です。

相とは?

「相」とは、目に見えるものから現状を分析して将来の運勢を切り拓くのに役立てるものです。人相・手相・家相(家の相)・地相・墓相(墓の相)に風水が部分的に加わっています。古代から物事を観察した結果を基にして体系化したもので、一種の統計学と言えます。

[人相に性格も運勢も表れる]

人相学・人相占い・顔相学は、目・鼻・眉など顔のパーツによって人の行動様式や性格を分析し類型化して運命判断をする方法です。

中国の観相学を基にして、江戸時代までに日本独自の人相学を発達させました。明治以降は西洋の「顔占い」「骨相学」さらに「心理学」の要素を取り入れています。

人相は生き方で変わる

人の顔は生まれつきの要素(遺伝など)が大きく影響しますが、生活する環境や日常の習慣など生き方によって変わります。「政治家らしい顔」「実業家とすぐわかる顔」「刑事に特有の目つき」などと言うように、顔から職業を推測することができます。

日常の習慣や仕事上の必要から同じ表情を繰り返すことによって、シワやたるみができたり筋肉が発達したりします。つまり、生き方が顔に出るのです。

心の持ち様で人相が変わる

加齢とともに表情がしみつき、人相をつくっていきます。「常に怒っている人はつり目や角目になりやすい」「不平不満の多い人は口角が下がって、ほうれい線というシワが深くなる」といいます。

長年しみついた人相は変えにくいものです。でも、心の持ち様で明るい楽しい気分でいるようにすれば、わずか1週間で人相は変わり始めます。

生き方が表れやすい顔の部分

その人の性格や行動様式など生き方が表れやすい顔の部分は、次の通りです。

  • 眉間     健康や精神状態を表す
  • 眉毛     目とともに凶運・凶悪な性格を表すことがある
  • 眉と鼻の間  トラブルに巻き込まれる可能性を示す
  • 眉の内側   人間関係・対人関係のトラブルに関係する
  • 頬の外側   頬の外側に傷やアザがあるのは悪事を企む可能性大
  • 鼻の頭    金銭運を表す。鼻の頭に黒ずみや傷がある人道義に欠ける可能性
  • 口      口の両端(口角)の上がり下がりで性格がわかる

生き方が最も表れるのは目

最もその人らしさが表れるのは、目です。

顔のほくろから運勢がわかる

顔のほくろも人相学では大事な要素です。「ほくろ占い」もあります。顔のほくろの位置で運勢を占います。顔のほくろは一般に「縁起がいい」とされています。

ほくろには「生きほくろ」と「死にほくろ」があります。輪郭(境界)がはっきりして色が濃く、わずかに盛り上がっているのが「生きほくろ」です。輪郭(境界)がぼんやりして色が薄いほくろは「死にほくろ」です。

ほくろは皮膚ガンの可能性がある

顔のほくろは一般に縁起が良いとされていますが、皮膚ガンの可能性もあるので要注意です。良性のほくろがガンに変化することは、あまりありません。

「死にほくろ」と言われる輪郭のはっきりしない墨が滲んだようなほくろ・成人してからできた濃淡のあるほくろは、悪性皮膚ガンメラノーマの可能性があります。

[目は心の窓]

人相・顔相の中でも眼相は重要視されます。「目は心の窓」と言われるように、眼に表れる相は性格や運勢と強く結びついています。目は内面の動きに敏感です。自分と外部の世界をつなぐ役割があります。外界から得た知識・情報が活用されていると、眼は光を宿して活き活きと輝きます。黒目と白目の堺がはっきりしているのが、良い目です。

眼相について詳しく書いた関連記事が沢山ありますよ。

目の形や大きさで性格や運勢がわかる

丸い目は感覚的に優れ、陽気でポジティブな傾向があります。細い目は洞察力に優れ、思考を大事にします。大きな目の人は積極的で自己アピールが上手です。

三角眼

三角眼には、上に頂点のある上三角眼と下に頂点のある下三角眼の2種類があります。

上三角眼の人は美的感覚に優れ、アーティストに向いています。下三角眼の人は他者の意見を受け入れず、人間関係のトラブルを起こしやすいようです。

ホルモン袋(涙袋)

目の下の下まぶたに添ったふくらみを「涙堂」「涙袋」「ホルモン袋」「ホルモンタンク」といいます。ホルモン袋は、美人の条件の1つで「恋愛運が良い」と言われます。女性の憧れの眼相ですね。

目の位置には意味がある

眼頭は長男・長女を意味し、目尻に向かって次男三男・次女三女を意味します。眼尻は想いを意味します。ただし、男性と女性では、眼の位置の意味するところが左右逆になります。目と目の間がきれいな人は幸福な状態といいます。

[美容整形手術で運勢は変わるの?]

「美容整形手術で人相を変えると、運勢も変わるのか?」と言うのは、よくある質問です。生まれつきの顔に関わる運勢が、人工的な美容整形手術で変わることはないようです。金運アップの整形手術など、聞いたことがありません。

しかし、美容整形でコンプレックスが解消すると、性格が明るく積極的になりポジティブ思考をするようになります。そのため、顔つきが変わっていきますから、運勢も良い方に変わります。心の働きにより、人相も運勢も変わるのです。

「財運の相」というほくろにメラノーマの疑いが生じて、手術で除去する場合があります。ほくろを除去して生命が助かったのですから、むしろラッキーです。幸運を喜ぶ明るい気持ちが金運アップや財運招福につながります。

[占いを活用すればトラブルを避けられる]

占いを信じる人も信じない人もいます。占いを一種の統計学に心理学の要素が加味したものと考えれば、活用してより幸福な人生を送ることができます。

「実業家や政治家には占いに頼る人が多い」と言います。実業家も政治家も、心から信頼して相談できる相手が少ない孤独な人たちです。彼らは「占いに頼る」のではなく、「占いを活用してトラブルを避けようとする」のです。

「凶」と言われたら、慎重に行動する

「あなたと○○さんは相性が悪い。結婚は凶」と言われても、悲観することも断念することもありません。相性が悪いなら、お互いに相手の気持ちを気遣って喧嘩にならないように注意すれば良いのです。喧嘩してもすぐ仲直りするように努めれば、凶は吉に変わります。

「あちらの方角へ旅行するのは凶」と言われても、仕事の関係で行かなければならないことが多々あります。言葉や行動を慎重にすれば、トラブルを避けることができます。

凶を吉に変える

占い本などで「凶」とあることは、十分に注意してトラブルを避けるようにします。慎重な行動が、凶を吉に変えます。

四白眼も凶相から吉相に変わる

四白眼は凶相と言われますが、徳川家康のように自分の努力次第で吉相に変えることができます。心の働きで自分の運勢を切り拓くことができます。四白眼を自分の魅力にすれば、恋愛運も金運もアップして、より幸福な人生が送れます。

まとめ 良い四白眼は魅力的な強運の相

「四白眼」とは、目が大きいわりに黒目(虹彩)が小さくて、黒目の上下左右に白の部分(白目)が見える状態です。いつもびっくりしたような感じや、ギョロリとにらみつけている感じがあります。「鬼の目」と呼ばれ、人相学・眼相では凶相とされます。しかし、四白眼には良い四白眼と悪い四白眼があります。

良い四白眼は、非常に頭が良くて金運・財運が極めて強いといいます。一代で巨万の富を築くともいいます。徳川家康は四白眼でした。良い四白眼は目に光があって、活き活きと輝いています。

悪い四白眼は変態性や残忍性が強く、常軌を逸した内面世界を持っています。おどろおどろしい凶悪な犯罪を行う可能性があります。悪い四白眼はギラギラしているのに活き活きとした光がなく、死んだような目です。

「目は心の窓」といいます。内面の動きが直接表れ、外の世界とつながっています。人相は心の働きにより変わります。人相とともに性格も運勢も変わります。心の持ち様で、四白眼は良くも悪くも変わります。

四白眼は大きな目ですから、メイク方法や視線の向け方によって極めて魅力的になります。セクシーな下三白眼に見せることも、目を細めてステキな笑顔をつくることもできます。カラコンで四白眼を目立たなくすることもできます。

良い四白眼は魅力的で運気をアップさせます。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする